中波戸もあった長崎の海の玄関口 大波止

今日は長崎市の海の玄関口、大波止 長崎市の人なら誰でも知ってる海の玄関口です。五島方面や高島、観光航路の出航地です。 でも住所では意外にも大波止町は存在したことが歴史上ありません。 大波止からの眺めはまさに長崎港が広がりいい風景です。江戸時代から現在もここでは馬が主役です(うそ) 私が大波止から五島に行ったのは1度だけですが、子供の頃は毎年のように夕方の大波止港から納涼船に乗…

続きを読む

我が家のコロナ対策その2

無能無責任政府のコロナ対応にストレス貯金だけが増える日々です♪ まぁ~偉大なる安陪大先生、事務方にもコネクティングルームで問題の人もいますし、結局は個人で守るしかありません。 でもマスクはもともとそれほど効果があるとはおもわないですが、マスクも売ってないし、消毒液も全く売ってないし、お話になりません。 この緊急時ですから、まぁ~病院に十分行き渡ればいいかもしれませんね。 マスク月産6…

続きを読む

野母崎の脇にある第2の岬 脇岬

長崎半島の南端、野母崎その先端の一角にある岬が脇岬です。 昭和61年樺島大橋ができるまでは、長崎バスの終点も樺島ではなく脇岬行きだったのでご記憶の方もいるかと思います。 場所は樺島の手前ですので市内から長崎バスで1時間ほどかかります。 写真のような夏雲が出ているといい写真に見えます(笑) 近くには上の写真のように脇岬海水浴場の砂浜が広がっています。その奥が脇岬の集落、先端が脇…

続きを読む

長崎駅高架化と春のダイヤ改正

今日は地名を離れ、まもなく高架化される長崎駅の話題など。。 待ちに待った人もたいして多くはないと思いますが(笑) 私なんて正直言って無くなることのほうが寂しくなるほうです。 そうそう乗り換えで余計に歩かないといけないのも嫌ですね(笑) まぁ~何はともあれこの当たり前の風景も3月末まであとひと月ほどです。 記録を残すならいまのうちかもしれませんね。 浦上駅や西浦上駅の方…

続きを読む

滑石の上の処 上床

長崎市の住宅団地で有名な滑石地区、三重方面に抜けるには坂の続く滑石峠を抜けなければなりません。その峠の手前にあるのが上床地区です。 滑石峠の標高は242メートルとそれなりの標高があります。昔は大村藩領で滑石村と式見村の境になっていたようです。 長崎バスもこの滑石峠(現在は滑石トンネル)手前の上床地区まで行く路線バスが多くあることから市内の人なら上床の地名を見たことがある方も多いと…

続きを読む

福島との細い瀬戸 大瀬戸樫の浦

長崎は島が日本一ある県です。その一方で神の島や香焼島など埋め立てなどにより島の形を失われたものも見受けられます。 出島や新地もそうですね。今日はそのひとつ大瀬戸町福島の埋め立や瀬戸の話など♪ 写真は大瀬戸樫の浦にある瀬戸港(連絡船から見た)です。ここから池島や松島に行く船が現在も出ています。 長崎市内からだと長崎バスで1時間40分ほどですが乗りかえもあるし、近年バス代も結構高く…

続きを読む

角力灘に浮かぶ島 神楽島

神楽島、なんともいい響きの島です♪角力灘に浮かぶ島で式見や三重方面から良く見える島です。 今日は個人的にも好きな神楽島について。。 写真は式見の中尾先バス停近くから見た神楽島、私にはウサギさんが寝そべったように見えます。 夕陽のときが一番いい雰囲気になりそうです。外海ってどこからもそうですが(笑) 式見の沖合、約4キロで周囲は約3.3Kもある割合大きな島です。島には三つの山(…

続きを読む

六地蔵ですがもっといます 赤迫の六地蔵

個人的には小さな神社やお地蔵さんなどが昔から好きなのですが、赤迫には六地蔵さまがいらっしゃいます。 数年間ほどですが仕事で毎日のように通ることがあり、いつも頭を下げて挨拶してました♪ だから赤迫の六地蔵は大好きです。 長崎バスのバス停にもそのまま六地蔵前があるので長崎市の方なら多くの方が知っていると思います。駅からだと20分ほど道の尾の手前にあるバス停です。 伊能忠敬の測量日…

続きを読む

これからもずっと無名の朶(へご)ノ崎 西彼町朶ノ崎 

長崎は海岸線の宝庫♪そのため沢山の海岸線や岬に地名が存在しています。 さて今日は西彼町の内海に面した朶ノ崎です。地元以外の方で知っていれば可なりの強者です♪ 場所はオランダ村のちょっと先で、大串の手前にあります。長崎バス鳥加バス停付近です。最近、大串行きも日中は時津北部T乗り換えになって大瀬戸並みに不便な場所になりましたね。バス代は上がるしスマートカードは使えんし(涙)利用者にと…

続きを読む

昔は倉庫島でした。長崎新地町

今日はランタンが先日終わった長崎の中華街新地町について。。。 今年はコロナの影響で本当に残念な結果になりましたがイベント自体は素晴らしいので今後も続いてほしいですね。 一方、一応縮小開催予定の東京マラソン、一般参加者は返金なしにはびっくりました。 参加費が16000円ほどと高額なうえ、万単位の参加者ですからね。浮いたお金はどうなるのか気になります(笑) そのまま頂ならこれほどいい商売…

続きを読む