新地(長崎市新地町) 昔は倉庫島。

今日はランタンが先日終わった長崎の中華街新地町について。。。 今年はコロナの影響で本当に残念な結果になりましたがイベント自体は素晴らしいので今後も続いてほしいですね。 一方、一応縮小開催予定の東京マラソン、一般参加者は返金なしにはびっくりました。 参加費が16000円ほどと高額なうえ、万単位の参加者ですからね。浮いたお金はどうなるのか気になります(笑) そのまま頂ならこれほどいい商売…

続きを読む

中尾先(式見村相川郷 中尾)角力灘ビューポイントのひとつ

角力灘を望むならやっぱり思い浮かぶのは外海なのですが式見のほうも結構いい風景です。 特に今回紹介する中尾先、神楽島を見るなら個人的には一番好きな場所です。 惜しむらくはバスならいいですがマイカーだと近くに駐車場がないことです(涙) 写真は中尾先付近を走る長崎バスの相川行きです。最近茂木と同様にここまでくるバスの本数が結構減りました。 相川行きや大見崎行きに乗るとバスの車窓から…

続きを読む

住吉経由の長崎バスエアポートライナー廃止(涙)、長崎と夕張にみる路線バスの課題

なんと長崎バスHPで知りましたがあの空いていて便利な住吉経由のエアポートライナーが 3月29日(運行終了は28日)に廃止らしいです(涙) 去年も使ったし何度か使いましたが飛行機と時間が合わないダイヤのせいで利用客が余計に少なかった気もしますが ついに廃止とは。。。 昔の時津港までのエアポートライナー同様、なんか定着できないですね。 客が少なくゆっくり乗れることや実家からなら昭和町よ…

続きを読む

南極20度の衝撃と、浸水区域に入った我が家♪

先日、南極の一部で最高気温が20度を越え衝撃が走りましたが、なんと同じ日に戦慄の衝撃が。。。。 なんと我が家の前の電柱にこの辺は川が氾濫した場合、最大50センチ浸水します♪ とさりげなく、おっかねぇ~ことが書かれた大ステッカーが貼られてました(笑) えぇ~~まじでぇ~と言いたいですがが、あぁ~そうなったのね とも思っています。 実は、今までハザードマップ状では浸水エリアには…

続きを読む

桃瀬(樺島村桃瀬)南の桃岩♪樺島の桃瀬

長崎の先端、野母崎と橋でつながった樺島、その先端ではないですが東側の海岸線に桃瀬があります。 景色は写真のように最高です♪ 天気が良ければ天草の方がよく見えます。 長崎もここまで来れば、なんか最果て感があった私は樺島大好きです。 橋のお陰で長崎バスが1時間に1本ほど運行されているので市内からも割と楽に樺島散策ができます。 樺島バス停から樺島灯台まで歩く途中になるのが桃瀬…

続きを読む

塩谷川内(黒崎村赤首郷 塩谷川内)角力灘を望むバス停

角力灘を望む塩屋川内、天気が良ければ近くの池島ばかりでなく上五島や平戸も見えます。 昨日は岩屋河内でしたので今日は河内つながりで外海の河内を紹介します、地名では塩屋川内ですがバス停は四谷河内です♪ 非常にまぎらわしいですが地形図状では塩谷河内です。すべて当て字ではあるのである意味どれも正解かもしれません。 写真でもわかると思いますが天気が良ければ多島海の絶景が楽しめる場所です、…

続きを読む

我が家のコロナ対策

とうとうフェーズがあがり一般での国内拡散が心配される新型コロナウィルス。 ただ検査していればもっともっと出ているはずで検査も未だに縛られてよくできないこの国の無能無策さが感染をより広げているように思えます。 学会ですらもう一般に蔓延している可能性が高いと言っているのに未だに検査体制すら整わない自治体まかせというのは意味不明、危機感ゼロと言われても仕方ないと思います。 まぁ~偉大なる…

続きを読む

岩屋河内(下岳村喰場郷 岩屋河内) 今はオランダ村

現在の西海市西彼町に岩屋川内という地名があります。 そんな場所知らない、行ったことないという方も多いかもしれませんが長崎人なら誰でも知っている長崎オランダ村のある場所の地名です。 ここ30年ほどですが、ここほどバス停名が変わる場所もないかもしれません。改名日本一かもしれません(笑) まさに歴史に翻弄されています。 その歴史はオランダ村の歴史そのままです。ある時は賑わいある…

続きを読む

文殊鼻(亀浦村白似田郷元越)内海にある文殊菩薩神社

西彼町の元越、地元でない方で知っている方は相当な通かもしれません。 内海に面した小さな入江です。 まして文殊鼻までしっていたら只者ではないでしょう(笑) 長崎市内からだと長崎バスで1時間半ほどかかります。行き先は亀浦行きになります。 昔から変わらず未だに市内から直通バスが2本あるのはある意味奇跡的かもしれません。 そんな1日2往復しかバスも通らない場所ですが、亀浦行きのバス…

続きを読む

小島(伊王島村 小島)色づく世界の小島から

今日は長崎を舞台にしたアニメ「色づく世界の明日から」の舞台にもなった伊王島にある小島について。。 簡単に言えば伊王島海水浴場にぽつんとある大岩が小島で今は見ての通り伊王島とつながっています。 伊王島海水浴場ですが、なんでも「コスタ・デル・ソル」といった意味不明な別名もあるようです(笑) コスタといえばやはりルイ・コスタでしょう♪ 昨年は海上アスレチックもお目見えしたようですが…

続きを読む