大晦日にビッグなお年玉♪

今日は仕事おさめでした。 なんか家に帰ると政府からビッグなお年玉。。。 今日は東京で1300人越え、日本では4000人越えといよいよ爆発の始まりを予感させるような大晦日になりました。 そんななか政府自民党では、議員年金の復活を検討中らしい。 国民の私としてはこういう国民と乖離した政党は解党してほしい♪ いだまに呼びかけだけ、しかも五輪中止も検討できないようではますます救える国民…

続きを読む

正月は菓子三昧にどん兵衛三昧

今日は大雪予報前の最後のいい天気♪ 朝早めに買い物に行ってきました♪ 正月はすし三昧と行きたかったのですが、なぜか菓子ばかり2000円も買ってしまいました(汗) 先日はどん兵衛を大人買いして50はあるので大雪でも長生き?できそうです(笑) 大雪前の年末買い物大事ですね。 もちろん感染対策も大事です。 今日はニュースで愛知県知事のリコール署名で多くの不正署名が見つかる事件が…

続きを読む

コロナ渦の1年

なんだかコロナに始まりコロナで終わり、来年もコロナで始まること間違いなしですね。 ウィルスも生存のためか、ワクチンニュースを察知してか新種で生き延びようとしているかのようです。 我が町は相変わらず感染拡大中で、3つの中核病院が外来禁止状態で病気もケガもできない状態です。 今は不要不急で余計な外出はなるべくしてませんが、原発事故のときのようにも思えます。もちろん違いますけど。。。 あの…

続きを読む

マトリョーシカ式 高級抹茶ケーキ

メリーさんた メリーゆきすます♪ 最近、庭に米粉を蒔いてます。お陰ですずめさんが沢山来てくれます。 なんだか心がほっこりします。 今日は豪華な食事を食べ終わり、もう食べられない頃にケーキが届きました(汗) もうくえんよ。 大きさは普通の大きさの箱でしたが、ケーキの箱を開けてびっくり、立派な半分ほどの大きさの箱が入ってました。 その蓋を開けるとさらに半分以下になったものが白…

続きを読む

島なのに地名は岬? 瀬戸村板浦郷 鎌崎

大瀬戸板の浦の沖に島なのに島を名乗らない不思議な地名があります。それが今回紹介する鎌崎です。決して小島ではなく島の周囲も1K以上あります。無人島ですが地形図を見ても島なのに鎌崎、ちょっと不思議です。 大瀬戸板の浦方面から見た鎌崎、場所的には板の浦から北西方面を見た方向でちょうど昔の多比良村外郷との境界近くになります。画像の左側の高圧電線の鉄塔のある島が鎌崎で右側は西彼杵半島になりま…

続きを読む

おらが町も東京なみ♪

やったぞ~~い♪ おらが町もやっと東京なみになったぞ~い (昨日のニュースで10万人当たりの患者数が東京なみと発表) これも危機管理ゼロ政府のお陰だぞ~~い。 日赤も、一人の面会者のお陰で外来禁止になったぞ~~い。 まぁ~特権階級の自公政府や官僚ではコロナが酷い人災になりそうな勢いです。 国難なのにいまだに感染対策が注視するだけって無能そのもの。 こんな危機対応…

続きを読む

江戸時代に存在した飯小島 崎戸村蠣浦郷 飯小島

お陰様で大好評?の崎戸シリーズ、たぶん数万人の方が見てくれることでしょう♪(うそ) 今日はそんな崎戸の蠣ノ浦島に江戸時代にはあった島の話です。 写真は対岸から見た飯小島のあった海域とさいかい交通の崎戸本郷行き今は亡き1213号、対岸の福浦地区の船や倉庫のあるあたりが小字の小島付近です。埋め立てられ当時の姿は残っていません。崎戸炭鉱の一坑(蠣浦坑)や三坑(福浦坑)が近くにあるためこ…

続きを読む

崎戸島の中心地 崎戸村本郷 村

一気に冬が到来しとても寒くなりました。皆様もお自愛ください。病院も安心していけない時代ですので。さて前回に続き、崎戸島にある地名、その名はずばり村、分かりやすいです♪ 写真は、崎戸本郷バス停前、路線バスが数往復この崎戸本郷まで運行されています。 写真は崎戸本郷バス停に停まるホテル咲き都行きのさいかい交通路線バス、バス停の前には乙姫神社があります。崎戸島は周囲約4Kほど…

続きを読む

北緯33度線展望台 崎戸村本郷 イガイド

西海市にある崎戸島には北緯33度線展望台があります。展望台にも行ったことがありますが天気が悪かったので写真も撮っておらず今頃後悔しております。行くにも遠き崎戸かな。。。今日はそんな崎戸島にある地名、イガイドの紹介です。 画像は崎戸島の浜辺から見たイガイド方向、写真先端の上には北緯33度線展望台があります。崎戸だと北緯33度なんですね。道北好きなので北緯45度が一番親しみが湧きますが…

続きを読む

樺島の端は長崎の最果て 樺島村 唐舩瀬

今日は長崎半島の南端にある樺島、その樺島の最南端樺島岬からさらに歩くこと10~20分ほどの歩いていけるまさにサイハテ唐舩瀬を紹介したいと思います。車では直接行けないこと、帰りはきつい登りが待っていることなどを考えても最果て感が充分ある場所です。 場所を分かりやすくいえば、水道専用の地下ダムがある場所です。いくらダムマニア、ダムファン、ダムカレーなどダムがはやっても地下ダムファンは聞…

続きを読む