ありがとうキハ66・67

長崎でいつも見られる国鉄型のキハ66・67今日が最後の日です。 長崎にいれば間違いなく乗ったり、写真ぐらい撮りに行きそうですが、みちのく在住でこのコロナ渦のため不要不急をしない私は、あまり実感もなくお疲れ様と思うだけです。 新型車両は窓は開かないし、ロングシートだらけで大村湾の車窓が見づらい。。。 コロナさへ収束してれば、と思うこといっぱいですが後進国チャバンに暮らして…

続きを読む

長崎電気軌道 140円に値上げ(涙)

長崎市民の足、路面電車の値上げの記事が先日の長崎新聞に出ていました。どうも10月の初めから140円になりそうです(涙) 好きだった長崎バスも近年の値上げで割高感を感じ、街へ出るときは路面電車を利用するほうが多くなっていたのですが、長かった100円時代があるので最近は路面電車も急に高くなった感じがします。 もちろんコロナ渦での利用低迷など他にも理由があげられ納得ですが、140円…

続きを読む

とんび岩(福田村手熊郷 とんび岩) 手熊海岸にある気になる奇岩

去年だったような気がしますが長崎新聞に手熊にあるゴジラ岩の記事を見ました。実は私も記事になる数年前に気になって訪れた場所でした。 手熊の浜から見たとんび岩、長崎バスの昼間1か月定期を持っていたころに仕事が休みの日はなんとなく意味もなくバスに揺られる旅を楽しんでおりましたが、そのとき気になった岩がこのとんび岩(ゴジラ)でした。いつか目の前でみたいとそのとき思いましたが潮が満ちた時間帯…

続きを読む

弁天島(福田村柿泊郷 弁天島) 謎の島

地元(柿泊)の方は分かるかもしれませんが、地元の方にしか分からないことはままあるものです。今日はどうもいまいち分からない柿泊にある弁天島について 写真は弁天島と推察される島です。弁天白浜海水浴場から鵜飼洞穴を過ぎたらこの光景が広がります。個人的には海もとても綺麗な場所ですし、とても好きな場所です。満潮時は島ですが干潮時は陸続きになる島です。 さて弁天島ですが、残念ながら伊能大…

続きを読む

能瀬鼻(福田村柿泊郷 能瀬鼻) 能瀬続きで

能瀬、前回は樫山海岸にある能瀬を紹介しましたが今回は柿泊にある能瀬鼻を能瀬続きで紹介しようと思います。こちらも同じ長崎の西海岸にあります。 写真の先にあるのが能瀬鼻になります。場所は市内から長崎バスの柿泊行きに乗って弁天白浜バス停を降り白浜海水浴場に降りて鵜飼洞穴を抜けた一番先に見える岬です。写真を見ても分かると思いますが能瀬鼻の先端には平らな岩礁が見られます。恐らく満潮時は見えな…

続きを読む

父の日に見たコロナ渦の精霊流し

今朝、久しぶりに父の夢を見ました。 父は今年の春に突然亡くなったのですが、夢では近所の人と話しているので私も話そうと思い、道を急いだのですが、なぜか道がつながっておらず、崖を少し登らないといけない状態に。。。。 あれ~と思っているうちに道は繋がったのですが、今度は父がいつのまにか私の知人に代わっていました。。。。 なんだ不思議だなぁ~と知人と話しながら実家に向かうと途中に墓場が…

続きを読む

能瀬(三重村樫山郷 能瀬) 大河ドラマロケ地の樫山海岸にある灯標 

時が経つのは早く、大河ドラマ龍馬伝が放送されて随分経った気がしますがそのロケ地に使われたのが三重の樫山海岸です、その海岸から見える小さな灯標があるのが今回紹介する能瀬です。 写真の小さな灯台みたいにみえるのが能瀬灯標です。簡単に言えば船の座礁などを防ぐために暗礁の位置を表示してくれる標識のようなものです。ロケ地に使われるぐらいですのでロケーションはよく、西海岸だけに天気がいい日の夕…

続きを読む

椎立(西浦上村西郷 椎立) 三芳町にあったハゼ山機銃陣地

長崎本線が市内で浦上新線と旧線に分かれる場所が西町踏切ですが、その西町側は一段高い小山があります。そこには戦時中に三菱兵器大橋工場を守るために設置されたハゼ山機銃陣地がありました。きょうはハゼ山機銃陣地のあった椎立のおはなしです。 写真はハゼ山陣地のあった場所です。現在学生援護会がある場所になります。実は中学時代に学生援護会に2年ほど通いました。新しい友人ができて個人的にはいい思い…

続きを読む

家野(浦上山里村家野郷) 三菱兵器大橋工場跡

現在長崎大学のある場所は昭和17年から稼働を始めた三菱重工業長崎兵器製作所大橋工場のあった場所です。爆心地に近いこともあり動員された学徒を含む多くの犠牲者がでた悲しい歴史を持つ場所でもあります。今日は大橋工場のあった浦上山里村家野郷のおはなしです。 現在の大橋工場跡(長崎大学)、遠くに稲佐山も見えます。地名の浦上山里村家野(いえの)郷ですがお隣の西浦上村にも家野(よの)郷があるので…

続きを読む

子々川(村松村 子々川郷) 1日2本の新設秘境路線バス

コロナ渦で苦境に真っただ中の長崎バスですが、それでも近年過疎地域にも新路線が開設されているのは全国的にも珍しく今後の動向が気になります。その路線バスの終点が今回紹介する子々川(ししがわ)です。 子々川を通る長崎バス、ちなみに数年前に新設された際には中山ダム行きでしたが最近路線が延長され、子々川が終点となりました。中山ダム経由の子々川行きは現在2往復、今後中山ダム経由で琴海ニュータウ…

続きを読む