裸島(浦上淵村瀬ノ脇浦 裸島) 長崎港内にあったその名も裸島

長崎港内には江戸時代、裸島という周囲60メートルほどの小島がありました。今日は字面だけ見ればヌーディスト島?と妄想したくなるような気になる名の裸島について 写真は長崎港(船)から見た裸島方向、世界遺産になった三菱のジャイアント・レバークレーンが見えます。大雑把に言えばクレーンの右側が瀬ノ脇方向、左側は飽の浦方向になります。ちなみに裸島は明治維新の頃、長崎製鉄所設置の埋め立てで残念な…

続きを読む