日本の鏡♪ アフガン日本人大使館員

米軍のアフガンからの撤退が完了しました。 結局、日本政府の自衛隊を使った作戦で救出できたのは一人だけと五輪のゴタゴタ同様、世界に日本の恥をさらす形となりました。 アフガンにはまだ米人もまだ残っているようですが、韓国やEUの国々では作戦が成功し多くの関係者が救出されています。 昨日知って驚いたのですが、アフガンにいた日本大使館員は全員12人、安全な場所にとっくに退避していらっしゃった…

続きを読む

無策の果て

近くの高校や小学校も再開しましたが、デルタ株による感染、最近は10代以下の感染も増加しているので心配です。 彼らは年齢によってはワクチンを受ける権利すらありません。 もちろん私のように打ちたくても予約がとれない老いぼれもいますが(大笑) 最近は全国で自宅(療養)放置者が11万人を超えたようです。 こんな状態でパラお祭りはやっているのに非常に違和感を感じます。 もちろん、これが税…

続きを読む

カブールから見える日本の実力

急に猛暑が再来し、体にこたえています。 天気予報では週末にはC寝台から解放される予定ですがとても暑いです。昨日の地元テレビではクアラルンプールの最高気温や湿度より高いレベルだったようで、聞いただけでぐったりしそうです。 今はクアラルンプールよりもちろんカブールがどうなるか非常に心配です。テロも起き、米軍の撤退期限もせまり非常に緊迫していることでしょう。残念ながら自衛隊を派遣しながら未だに…

続きを読む

「明かりはハッキリ見え始めた」…?

パラレルワールドに居住の上級国民様には現実は見えない(恐らく都合のいい世界しか見えない)のでしょう。 ここまで感染爆発している以上、次の変異ウィルスや冬の感染拡大が個人的には心配ですが、上級国民には他の酷い国と比較してまだましだ成功したと称賛するぐらいのレベルしかないように思えます。 こんな全国が医療すら満足の受けられない状態でも国会を開かないのですから自ら存在を否定したものと思います。…

続きを読む

長崎市内のバス路線再編と貨客混載

昨日のニュースで長崎市内のバス路線再編と貨客混載などの話し合いがバス事業者や学識経験者などでつくる公共交通活性化協議会で行われ最終案が示されたようです。 写真は、乗り継ぎ拠点候補の西浦上にある住吉、路面電車やJRの駅まであるので乗り継ぎ拠点としては合格です。ただ場所は?? 簡略すれば、矢上、西浦上、土井首に乗り継ぎ拠点を設け市内直通便を減らし、県営バスと長崎バスの競合区間の本…

続きを読む

こんな緊急事態でもパラ強行?

今日からパラ開催?? 意味不明 学校観戦プログラム?これって開催強行のため目線をそらすための愚策でしょうか? 国民にはお願い自粛要請、感染対策はお願いと監視だけ、自宅放置者が増える異常事態が分かっていながら障害者のための世界大運動会はやる? お祭りや利権のためなら国民の多少の犠牲は仕方がないで済ませるつもりなのでしょうか。。 同じ日本人なのか不思議です。実は仮面をかぶったお金大好き…

続きを読む

大雨大丈夫?視界不良の西九州新幹線

大雨で不通になっている佐世保線がまもなく開通する予定のようです。あれっそういえばこの区間は来年秋に開通する長崎新幹線の未開通部分でもあります。 写真は長崎駅のかもめ、一応来年の秋で終了予定です。大雨で佐世保線の大町が冠水しましたが、以前にも似たようなことがあったと思います。残念ですが温暖化による大雨で毎年被害が出るのが当たり前のようになっています。そう考えると西九州新幹線(長崎~武…

続きを読む

環境政策としての夜行列車

20年ほど前までは日本各地に残っていた夜行列車も今残る定期夜行列車はサンライズぐらいでしょうか? クルージングトレインという名の不定期夜行列車も存在しますが、残念ながら上級国民用で普段普通の交通手段として使えるものではありません。私が最後に夜行を使ったのはいつのまにか5年以上前に使った急行はまなす(青森~札幌)でした。たぶん20回以上は乗ったのではというほど一番使っていた役に立つ夜…

続きを読む

志賀波止(浦上淵村稲佐郷 志賀波止) シーボルト台風とハウトマン号

先日紹介した割石のすぐ横(水ノ浦方向)には明治30年からの埋め立てで失われるまで志賀波止(しかのはと)がありました。今日は志賀波止のおはなしです。 写真の昔なら残る階段の向こう側に志賀波止があったようです。昔はこの周辺に稲佐の浜があった場所になります。地名にある志賀ですが、こちらは江戸期より浦上淵村の庄屋を代々受け継ぐ志賀家に由来します。志賀家は戦国期の北部九州を支配した大友家の家…

続きを読む

浦上川に流れた精霊船

今年の精霊流しが終わり、ネットで拝見しました。 今年は父が急死したので初盆だったのですが、結局コロナ渦で帰省を当初から諦めていましたので普通に仕事をしていました。 みちのくの我が家には家族も交えた父の写真の周りにお花や好きだったビールやお菓子をお供えしています。 なんとも言えない複雑な気持ちですが、息子が作って実家へ送った小型の精霊船にお花や果物を綺麗に飾り浦上川に流したと…

続きを読む