色づく世界の水辺の森公園から

今日は長崎市の常盤町にある港に面した水辺の森公園の紹介です。
住所のある常盤町自体がほぼ埋め立て地ですが水辺の森公園も2004年に埋め立てでできた新しい公園です。

178.jpg

あの長崎の住民なら比較的知名度の高い「色づく世界の明日から」にも比較的よく出てくる場所です。
琥珀さんがイギリスから帰国した場所もここでしたね。
そんな新しい公園ですのでもちろん過去の文献に出てくるわけがありません。

179.jpg

個人的に公園の計画が出てきたときは、これ以上港は埋め立てて欲しくないと思い反対でしたができちゃったもんは仕方ありません。
確かに港の公園として結構楽しめると私も現在は利用してます(笑)
でも新型コロナの影響とても大きいですからね。
今後長崎港に以前のようにクルーズ船が来ることがあるのか。。。
前はこんな時代もあったねと思い出話にならないといいですが。。。

クルーズ船がいると長崎の夜景も確かに良かったんですがね。
クルーズ船がいれば夜景だって九州三大夜景のひとつになってもおかしくないレベルです♪

181.jpg

長崎港はこんな船がいっぱいいるのが似合うと思います。

180.jpg

写真のダイヤモンドプリンセス、悪い意味で世界中に知れてしまいましたね。
長崎ゆかりの船ですし長崎港にもよく来ていたので本当に残念です。
あんな歓迎していたのに、偉大なる財務大臣のイギリス船籍の話。。。
日本人乗客だって沢山乗っているし、元々そんな次元の問題でないはずで呆れて言葉もありません。
あ~やっぱりね。。。でしょうか。。

今後世界的にクルーズ会社は厳しいでしょうね。
金持ちも減るし、一番の利用客(高齢者)が一番重症化しやすいし、船員を含め、患者が蔓延しないような空調や船内設備を備える必要性もあるし、一番のお客さん中国の方が当面はショックから利用するのを控える傾向は避けられませんからね。日本人も当分利用する人間違いなく激減するでしょうしね。

もちろんクルーズだけではなく、経済全体が冷え込みそうですね。
日銀砲も弾が打ち尽くされそうだし、それより国民の年金がGPIFのために消えないことを祈ります
あ~めん。らーめん食べたかなぁ。いやぁちゃんぽんがよかかなぁ~。。。
近頃心配性の私です♪

心配性だった私は、小学校の低学年の頃ですが1999年や核戦争に備えこっそり机の引き出しに非常食を備えていました♪
我ながら昔はなんと賢かったことやら、まるで別人みたいです(大笑)

備蓄非常食と言っても、少ないお小遣いですし、核兵器で滅ぶ前にと思って10円ガムやすもも飴ぐらいでしたが。。
死ぬ前に甘い思いをして死のうというなんと素晴らしい心がけなんでしょう。。(笑)

その非常備蓄食ですがある日、アリの餌になってのでありました(涙)
甘い夢とはなんとも儚いものです。

今日は水辺の森公園とクルーズ船のお話でした♪



この記事へのコメント