大瀬戸松島 ロワタシノ鼻

住みたい都道府県ランキングが13位の長崎県
まぁ~人気ランキングと連動していて個人のイメージ的要素が多大に影響していそうですね。
実際住んだら、暑い、坂が多い、大雨や台風が怖いとかいろいろ出てきそうです(笑)
とはいえ人気が高いことは有難いことかもしれません。

159.jpg

今日は大瀬戸松島にあるロワタシノ鼻を紹介したいと思います。
この地名も恐らく地元や釣り人以外は殆ど知名度の極めて低い場所と思われます。
写真手前の鉄塔付近にある岬がロワタシノ鼻になります。
私も地形図を眺めていて気になった地名にすぎません(笑)

場所は松島の東部で対岸に福島(郷)があります。大瀬戸から池島航路を利用すると近くで眺めることができます。

160.jpg

こちらも池島航路から撮ったロワタシノ鼻になります。写真の遠くに半分ほど写っている島が池島になります。
ロワタシノ鼻手前に立派な鉄塔があるのでいい目印になると思います。

ロワタシノ鼻ですが地形図上だけの地名と思っていましたがちゃんと伊能忠敬の測量日記に記載があります。
測量日記には呂渡崎と記載があります。
地名ファンにとっては北海道だと松浦武四郎の日記が非常に重要ですが長崎だと伊能忠敬の測量日記はとても重要ですね。
できれば松浦武四郎さんも長崎に来て日記を残してほしかったです♪

さて地名の由来ですが恐らく櫓は船をこぐ用具ですので艪を使う船が渡船の際の目印になった岬(鼻)から名づけられた地名の可能性が高いと思われます。松島のロワタシノ鼻近くには浜泊、対岸は福島がありますし、現在のように大瀬戸と池島を櫓舟が渡船の際などに目印になりやすい岬だったと思われます。現在は釣りにいい場所っぽいですね(笑)

今日は大瀬戸松島のロワタシノ鼻のおはなしでした。


この記事へのコメント