日高線廃止と21年北のダイヤ改正

北海道もそろそろ冬の入り口付近、今日は阿寒や上士幌などでマイナスだったようです。
札幌の手稲山でも初冠雪したらしいです。さむっ。。
JR北海道から春のダイヤ見直しについてのプレリリースが出ました。

個人的にはとうとう来春正式に廃止が決まった日高線の鵡川~様似
そして、特急列車の削減や普通列車や駅の削減など悲しいことが盛りだくさんです。

もう北海道は鉄道で旅ができなくなりそうですね。特に鈍行では。。。
宗谷線も特急サロベツの1往復臨時化されすようなので利尻のようにそのうち無くなりそうですね。
そして利用者も駅も減り、いよいよ宗谷北線の存廃問題になるのも時間の問題でしょう。

北海道の残る線区もだんだん減って本当に気づいたら札幌圏しか鉄道が残らなかったなんてことも残念ですが本当にありえそうです。
私の想像より予想以上に早かったですね。

やはり16年の大赤字北海道新幹線が大きな引き金になったような気がしてなりません。もちろんその前からほころびがあったのも事実ですが

122.jpg

写真はもう走ることがない日高線の大狩部駅、この先の線路は現在波にさらわれています。
残念ですが今のJR北海道や日本の行く末を暗示しているような光景にも覚えます。

そもそも廃止区間の護岸工事負担まで考えないといけないというのは非常に不可思議です。
それって違うでしょう??

旅できたらなぁ~なんて思います。

今だったら、鈍行に乗って秋の北海道の車窓を楽しみたい。
もし乗れるなら
根室線 富良野~東鹿越、厚内~白糠、門静~根室
宗谷線 音威子府~稚内
釧網線 網走~緑、標茶~釧路
函館線 長万部~大沼
なぁ~んて鈍行に乗れたら最高♪
まだ窓の開く車両があるだけに今なら間に合います。

でも私には無理です(涙)


この記事へのコメント