苺島(黒瀬村間瀬郷 苺島) 西彼大島にある旨そうな名の島

西彼大島にある大崎高校が野球の九州大会で優勝しました♪きっと大島や崎戸の方も大盛り上がりかもしれません。
今日はそののっかりで西彼大島にある甘い地名、その名も苺島を紹介したいと思います。

3.jpg

上記写真は昭和50年に撮影された黒瀬村間瀬郷苺島(西海市大島町)の空中写真です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。写真の中央やや上部に陸続きになっていますが苺島が島の雰囲気を残しいるのが分かります。位置的には大島の玄関口付近で地図右上部の蛸島(地形図上は蓬莱島・文字上部)の上部には現在、寺島と大島を結ぶ寺島大橋が架かっています。

ちなみに有名な大島大橋は寺島と本土を結ぶ橋です。苺島なんとも甘くて可愛らしい名の島です。由来ははっきりしませんが美味しい野イチゴが群生したのが由来かもしれまん。また巫女(いちこ)と呼ぶこともありますのでこちらが由来で当て字で苺島となった可能性もありますが神社もない小さな島ですので恐らくは野イチゴが由来になったのではないでしょうか。

さてこの1周500メートルほどもない小さな島ですが伊能大図にもしっかり記載されてます。以外にも大島自体は引掛崎、蛤、大島、黒瀬の地名しか見当たらないことを考えても破格の扱いです。測量日記にも苺島一周四町九間といった記載がみられます。さすがに苺に関する記述がないのは残念なことですが測量日記という性質を考えれば当然で、松浦武四郎のような日記が長崎にも沢山あればなんて思うこともあります。

さて旨そうな名の島は苺島の他にもいまひとつ寺島大橋の下にある蛸島があります♪蛸島といえば、廃止された国鉄能登線(のと鉄道)の終着駅の名を思い出します(乗ってませんが・笑)こちらは苺島より小さいですが伊能大図にも測量日記にも島名として記されています。由来は海に囲まれたしまであることを考えるとあの美味しい蛸が由来でしょう。間違っても凧の可能性は著しく低いと思われます。

蛸島ですが現在の地形図状では蓬莱島の記載になっています。ただ伊能大図の位置ではこちらが蛸島で周囲の長さもほぼ一致することから現在の地名図上の蓬莱島が蛸島であったと推定されます。なんらかの要因で移動したのかもしれません、小さな地名ですとたまにあることです。伊能時代の蓬莱島は横島付近に記載されいています。

今日は大島にある苺島のお話でした。苺のケーキもよけれども蛸の刺身が食べたい今日この頃です。

この記事へのコメント