山神島(小ヶ倉村上揚郷 山神島) 長崎にあった山の神ノ島

長崎で神の島といえば、神の島教会や台場のある神の島を思い浮かべると思いますが、長崎には江戸時代もうひとつの神の島が対岸にありました。今日は小ヶ倉村にあった神ノ島のお話です。

6.jpg

こちらが現在の山の神ノ島、そうあの小さな小ヶ倉の港に面した小ヶ倉神社のある場所です、確かに上から俯瞰してみるとぽこんとした小山が島だったことを伺わせてくれます。対岸には本場の神の島がみえる位置です。

7.jpg

こちらも同じく山の神ノ島、方向を変えれば女神大橋や稲佐山が見える位置です。最寄りのバス停は長崎バスの小ヶ倉バス停です。長崎南部方面に行くバスは大きく言えば戸町経由と二本松口経由がありますがこの小ヶ倉はちょうど接点ですのでどちらでも行くことができます。(バス停の位置は微妙に違います。)、毎日この山神島を見ながら通勤通学される方も多いことでしょう。

8.jpg

こちらは2010年の小ヶ倉村上揚郷山神島付近の空中写真です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。写真①の部分が現在の山神島です。周囲全体が埋め立てられています。また柳埠頭や上揚方面も海岸線がかなり埋め立て地であることが分かります。

9.jpg

こちらは1947年の小ヶ倉村上揚郷山神島付近の空中写真です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。写真下方向の山神島文字右横にあるのが当時の山神島です。陸続きになった状態ですがまだ周りは海に囲まれ島だったことを充分感じさせます。現在と違い道路の横は海岸線だったことが分かります。

さて山神島の地名ですが伊能大図には小さくですがしっかり記載されています。また測量日記にも山ノ神ノ島と記載され、江戸時代は山神島と呼ばれた時期があったことは間違いないようです。由来は字の如く神社のある島だったことは間違いありません。ただ山の部分ですが島が小山なのでその山からとった可能性もありますが、対岸の神の島に対する島名として(海にある神の島にたいして陸地「長崎半島」側を山にたとえて)山(大陸側)の神ノ島と名乗ったようなに推察します。真偽は不明ですがこの近くで言えば、女神に対する男神、西泊に対する東泊(戸町)があったように相対的な地名として用いられたような気がします。

現在は残念ながら山神島の地名は小字を含めありません。小ヶ倉と山神島の瀬戸がなくなり陸続きになった時期が早かったことが地名として残っていない遠因かもしれません、まだ瀬戸が残り島だったら、海に浮かぶ山神島として現在より注目を受けた可能性は高いかもしれません。

今日は小ヶ倉村にあった山神島のお話でした。





この記事へのコメント