読書の秋に蛍雪時代(漫画)もよし♪

GO TO おじさんの頑固さであの政策が続きそうです。まぁ当然ですが感染も縮小する要因は全くないわけでどんどん医療に負担がかかることは多くの方にわかると思います。私など仕事場と買い物以外は外出自粛中で閉じこもってます(笑)

こんな無能な政策に税金を使っていることに個人的には腹が立ちます。医療に回してくれと思います♪
そんなGO TO 続けるなら、国会議員の歳費や国家公務員のボーナス、政党助成金などを最低限使うべきで身を切ってからやってほしいものです。

気分を変えて、そんなこともあり読書の秋を楽しんでいます。

今年は珍しく漫画も結構読みました。

特に今回気に入ったのが、先日お亡くなりになられた釣りキチ三平で有名な矢口高雄先生の蛍雪時代です。故郷秋田での中学時代がエッセイ風に漫画でまとめられとてもいいお話がいっぱいです。

またテルマエロマエの、ヤマグチマリ先生のルミとマヤとその周辺という漫画も、北海道での作者の少女時代を描いたものですがこれも素晴らしい内容でした。、どちらも母親が全く違うタイプですが素晴らしいですね。

あと、以前ドラマにもなった、宮沢賢治の食卓の続巻がでたので読みましたがこちらも凄くいい内容でした。

活字はといえば、長崎の地名や歴史にも関係がある(うそ)、フランス革命や十字軍、シベリヤ出兵など読んで楽しんでます。
今年は、なんといってもスズメバチに刺されたので、冬になりいなくなったので思い切って庭を大掃除できて本当によかったです。

蜂さんはつつじがあるので来る運命かもしれませんがGO TO あっちへいってけろ です♪

この記事へのコメント