唐舩瀬(樺島村 唐舩瀬) 樺島の端は長崎の最果て

今日は長崎半島の南端にある樺島、その樺島の最南端樺島岬からさらに歩くこと10~20分ほどの歩いていけるまさにサイハテ唐舩瀬を紹介したいと思います。車では直接行けないこと、帰りはきつい登りが待っていることなどを考えても最果て感が充分ある場所です。

6.jpg

場所を分かりやすくいえば、水道専用の地下ダムがある場所です。いくらダムマニア、ダムファン、ダムカレーなどダムがはやっても地下ダムファンは聞いたことありません(笑)もちろんいらっしゃるとは思いますが。。。もしかして樺島名物 地下ダムカレーでも売り出せば話題にはなるかもしれませんね。

8.jpg

ちなみに訪ねたときは普通に小さなダムでしたが、水が少ない時期はそれこそ永田の湿地公園のような雰囲気になる時期もあるようです。ちなみに私が訪ねたときは3密どころか1人だけでした。ちなみにここの小字は田原(たばる)です。西南戦争の激戦地田原坂の坂なし地名です。おそらく塩田か、田のある開けたところからつけられた地名です。ちなみに伊能忠敬の測量日記には田平浜の地名がみられます。

さて今回紹介する唐舩瀬ですが現在の地形図状には唐人瀬となっています。瀬は岩礁を意味しますので、地下ダムの前にある田平浜の樺島岬反対側の岬前にある岩礁が唐舩瀬(地形図では唐人瀬)になります。

7.jpg

こちらが上方からみた唐舩瀬、恐らく地名の由来は、この樺島の岩礁で唐船が座礁や難破したことが地名の由来と考えられます。樺島は昔から風待港として大きく栄えた島でしたので風待のため樺島港へ寄港の途中に座礁することは、唐(中国)との貿易を考えても長崎の地ですから充分考えられます。
時代はわかりませんが長崎港の開港を考えると江戸時代の可能性が高いと思います、船にしろ人にしろ唐人に関連した地名であることに間違いないでしょう。唐見崎の地名の場合は当て字のため、遠見が唐見に当て字される場合もありますがこちらは遠の可能性はほぼなさそうです。

ちなみに小さな瀬ですが、伊能大図にもしっかり唐舩瀬は記載され測量日記にも記載がある地名です。本来は唐舩瀬であった地名が時代とともに唐人瀬に変化した可能性はありそうですが、本来は伊能大図にもあるように唐舩瀬の方が地名や由来を考えるとしっくりします。

今日は長崎のサイハテ感ある、唐舩瀬のおはなしでした。


この記事へのコメント