キハ200の大村線撤退とキハ66の今後は。。

先日、JR九州の発表で大村線からキハ200が他線への転属のため撤退が発表されました。

51.jpg

こちらは大村線を走るキハ200です。九州に多い真っ赤な車両に対抗するかのような青色が大村線らしくいい感じでした。また登場時はクロスシートだったのでいい車両だったのですがいつのまにかロングシートの車両もいて、乗ると外れに感じることもありましたね(笑)

新しいYC1系が去年はいり、とうとう国鉄型のキハ66が引退かと思ったらキハ200の方が先でしたので正直個人的には驚きました。

50.jpg

ということは、詳しい車両数など私には分かりませんが、新型車両の増備がない限り、しばらくは国鉄型のキハ66が活躍してくれそうです♪これで車両数の関係で運用まで増えるともっと嬉しいですね。なんせキハ66だとクロスシートも多いので旅をするなら最高です。(通勤通学にはロングシートの方がいいかもしれません)

今も6編成ほどが残っているようですが、今後も国鉄型のキハ66が長崎を走り続けてほしいですね。
なんせ廃車になった車両からの部品取りもできますし、燃費は悪い車両かもしれませんがコロナ渦で新型車両を入れる余裕も無くなる可能性もありますし、あと数年頑張ってほしいですね。

そしたらコロナ渦もある程度は収まり私も大村線や旧線の旅を楽しめそうです。
なんせワクチンなんて私の順番は来年の今頃ですら無理かもしれませんからね(笑)

そんな訳で今私が一番残念なのはこの春のキハ40の宗谷本線撤退です。もう乗れないのは残念です。まぁ仕方ありませんが。。

この記事へのコメント