境松(西浦上村東北郷 境松) 長崎本線(新線)通る旧村境

全国には県境があり、こういう場所をこよなく愛するマニアの方もいらっしゃいます♪、今日の紹介地名は旧村境であり、残念ですが興味のある方などほぼいないかもしれません(笑)

1.jpg

場所は写真を見て分かる方もいるかもしれませんが、昭和町通りの左側が花丘町、道路を隔て右側が千歳町になる部分です。この花丘町側の黄色い家庭教師看板のお隣(昭和町側)にある現在駐車場付近が江戸時代で言えば、浦上北村と浦上家野村、浦上山里村の3村がまたがる境だったようです。残念ですが(当たり前ですが)境を示すような石碑はありません。

ちなみに明治期に西浦上村ができると、西浦上村東北郷と西浦上村家野(よの)郷、浦上山里村家野(いえの)郷の境になります。ちなみに家野がなぜ2つもあり、呼び方が違うかと言えば、西浦上村は旧大村藩領で浦上山里村は幕府領のため区別するため違う呼び方になったと考えられます。

今回紹介する境松ですが浦上街道から外れ小字地名ですので伊能大図や測量日記にも出てくる地名ではありません。地名の由来は恐らく、村境にあるといった場所的なことから境が用いられ、この村境付近にあったであろう松の木が由来になって境松となった考えるのが自然ですが、断定はできません。また俣になって別れる意味から「さかえまた」とよんでいたものが時代とともに「さかえまつ」に変化して当て字で境松になった可能性もありそうです。

さて偶然かもしれませんがこの三つの村の旧境の部分に丁度、JR長崎本線の長崎トンネルが地下を通っています。わざと狙って通ったのかわかりませんが不思議なことです。この附近に、上越線の土合や北陸線の筒石みたいなトンネル駅(新線側の西浦上駅)でも作っていれば、学校も多い地域ですのでそれなりに利用はあったように思いますが、国鉄の財政事情が許さなかったのかもしれません。たぶん計画や地元の陳情自体もなかったと思いますが。。。。

この附近、写真にも写っている千歳町側のマンションには友人が住んでいて何度も遊びに行ったことがありますし、花丘町側にはほか弁があって夏休みなどはよく昼ごはんに利用していました。中学校の時は通学路にしてましたね。

そういえばこの附近の友人から夜中に列車が通れば音で分かると言って、半信半疑で聞いていましたが場所的に近いので案外本当に聞こえるのかもしれませんね。うちは高台のお陰か旧線の列車の音やアンゼラスの鐘、はては福江航路の船の汽笛まで気象条件によっては聞こえていました♪

2.jpg

上記写真は2010年に撮影された西浦上村東北郷 境松附近(長崎市花丘町附近)の空中写真です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。〇の部分が三村の境界付近になります。地下部分はJR長崎本線が通っています(長崎トンネル)

今日は西浦上村東北郷 境松のおはなしでした。

この記事へのコメント