坂本町のBSLの最適な場所は。。

昨日の夕方から何だか地震が多く不気味です。もうおおきいのは御免です。

そういえば瑞鶴の話をした際に坂本町の話がでましたが、長崎新聞にも最近、BSL関連で記事がありました。
BSLといえば、住民にとっては危険(迷惑)施設そのもので反対が出るのも当然です。私のあの場所につくることには大反対です。

しかし反対の声を無視して勝手に話をすすめるのは、もはや権力側の常套手段、何か詐欺師のようなやり方に近い感じがしますが、五輪、原発、辺野古、長崎で言えば、石木ダムに諫早湾干拓と構図はほぼ同じように見えます。

地域には分断をもたらし、私にはいいことなしにしか思えません。

BSL自体、先進国なら必要かもしれませんが、原発事故を起こすような国、コロナ対策もできない後進国に持つ資格はないと思います。
安全神話だけはしっかり作るでしょうが、何かあった場合の補償や責任は決まっているでしょうか。
問題が出たら大学を他県に移転や閉鎖する覚悟はあるのか疑問です。

新聞もそういう面をしっかり取り上げるべきと思います。

さてそれでももしBSLをつくるとすれば、候補地として私はフクシマ原発の近くが最適ではないかと思います。
あそこなら今後も人はあまり近づきませんし、何かあっても最小限度で被害を抑えられる可能性は高いかもしれません。

放射線量は高いでしょうが、そこは長崎大学
原発事故後、放射能は安全といいはなって大ひんしゅくをかった大学ですから全く問題ないでしょう。

福島原発横なら住民の反対も少なく(そもそも今は住民はいない)安心して研究ができる環境があり、私には最適地だと思います。
福島原発事故と関わりある長崎大ですからBSLこそ福島原発横がぴったりではないでしょうか。

こうなれば長崎市民も安全と安心が守られます。

この記事へのコメント