玉子島 (大串村八木原郷 玉子島) 内海に浮かぶ玉子♪

今日は内海にある名前はずばり玉子島、覚えやすく親しみやすい玉子島を紹介したいと思います。

018.jpg

写真の右側にぽこんと突き出たような可愛い小島が玉子島です。最寄りのバス停は八木原バス停になります。バス停付近から内海をみれば、家族のように寄り添う4つの小島が見えますがその一番右側(南方向)が玉子島になります。

内海でも大串より北にあるのでバスで行く場合は大串で西海橋や太田和方面に向かうさいかい交通のバスに乗り換えが必要です。昔は長崎市内からも太田和行きや西海橋経由の佐世保行きの直通できるバスがありましたが、復活するのは少なくとも西彼杵道路の開通後でしょうか。

さて写真で見ても小さな小島の玉子島ですがそれでも島の周囲は100メートルほどあるようです。ただ養鶏場ができそうな雰囲気はなく、せいぜい瀬渡し船で釣りができる程度でしょうか。。

こんな小さな島ですが、それでも伊能大図にはしっかり玉子島が記載されています。崎戸などに比べると破格の扱いのように思えます。伊能の測量日記にも玉子島は周囲一町と記されています。

玉子島の由来ですが、島の形が玉子の形に似ていたことから玉子島と呼ばれるようになったと考えられます。養鶏できるような環境ではありませんし、玉子島に関する伝承もみられませんので島の外形から名づけられたものでしょう。

018-2.jpg

上記写真は1975年に撮影された大串村八木原郷 玉子島(西海市西彼町八木原郷)、「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。内海の北側にある玉子島は家族のように4つの小島が並ぶ島でも一番小さく南側にある島です。

今日は内海にある可愛い玉子島のおはなしでした。

この記事へのコメント