岡(浦上山里村中野郷 岡)長崎電気軌道大橋車庫

長崎市の岡、あれどこやろうか?と思う市民もいるかもしれませんが、大橋んとこと言えば分かるでしょう。今日は岡について。。

010.jpg

岡といえば、大橋電停や大橋バス停のある場所です。写真の大橋電停も路面電車が頻繁にやってきます。写真の電車は車内の水戸岡デザインが素敵な「みなと」、これに乗れると当たりのような気がします。最低運賃で乗れる、ある意味貴重な水戸岡デザイン車両かもしれません。

さて路面電車の車庫と言えば私は浦上車庫(旧西町車庫)を思い浮かべますが、実は戦後の一時期までは大橋の横に車庫があり大橋が終点だった時代がありました。昭和8年に今は西洋館ができて消滅した下の川電停から大橋まで延長されています。昭和9年には大橋車庫ができ、戦後も昭和28年の西町車庫(現在の浦上車庫)が完成するまで車庫として使われたようです。

010-1.jpg

ちなみに写真の大橋電停横にある長崎バスの車庫が長崎電気軌道大橋車庫跡になります。なんとなくそんな雰囲気を残しています。大橋車庫はその後、電鉄バスの車庫として活用されましたが電鉄バスの長崎バス譲渡後に現在の長崎バス大橋営業所の車庫として利用されています。

さて地名の岡ですが、伊能大図や測量日記、長崎名勝図絵にも記載がない地名です。岡の地名の由来ですが、現在の岡町の住宅地である国道より山里方向は地形的にちょっとした傾斜のある岡になっていることが地名の由来になったと考えられます。

010-2.jpg

こちらは明治34年陸測図「長崎」(今昔マップ on the webより)より岡付近の地形図、中央上方に岡があります。まだ明治期の地図のため路面電車は地図上にありません(大橋開業は、昭和8年)国鉄長崎本線の浦上川を渡るすぐ右側に大橋車庫が完成することになります。現在の国道より山里側に岡の集落があることが分かります。

今日は長崎電気軌道大橋車庫のあった岡のおはなしでした。

この記事へのコメント