松ヶ崎(浦上山里村馬込郷 松ヶ崎)消えた長崎港内の小岬

先日紹介した目覚地名、今回は関係もありお隣にある松ヶ崎の地名について。。。

7-1.jpg

写真は現在の浦上山里村馬込郷松ヶ崎周辺の写真です。道をまっすぐ進めば、山王通り、もうひとつ先は電車通り(国道)、道路先にはブリュックホール、その先には梁川橋があります。ちなみに長崎バスですと中央橋から立山に向かう路線がこの松ヶ崎を通ります。

伊能大図や伊能忠敬の測量日記には記載のない小字地名ですが、長崎名勝図絵にはこの松ヶ崎が記されています。目覚地名の由来に繋がったと考えれれる見醒松(みざめのまつ)その付近を松ヶ崎というと記載があります。

時代は江戸時代、浦上新田が開発される1730年代以前のこの周辺は、まだ長崎港内、近くには長崎八景のひとつに数えられた井樋ノ口にあった聖徳寺があるほどですのでこの長崎港内の東(側)海岸も稲佐側に負けない風景があったことでしょう。何と言っても港越しに稲佐岳を眺められる場所ですので想像するだけでも楽しいものですが、現在の松ヶ崎は墓地、しかも目の前には、稲佐山も多少は見えますが高いビルが立ちはだかり、江戸時代に思いを馳せるにはかなりハードルの高い場所になっているのは残念なことです。

松ヶ崎の由来ですが、この周辺に見醒松があり、地形的に小さな岬になっていたことが松ヶ崎の由来になったと考えられます。山王通りから見るとこの墓場付近は高台ですので浦上新田開発前までは松のある小岬だったことが何となくですが伺い知ることができます。

7-2.jpg

上記写真は2010年に撮影された浦上山里村馬込郷松ヶ崎(長崎市目覚町)附近の航空写真です、「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。松ヶ崎の後背地にある松ヶ崎の位置が分かると思います。

今日は浦上新田に消えた長崎港内の小岬、松ヶ崎のおはなしでした。

この記事へのコメント