カヅラノ谷(浦上山里村里郷 カズラノ谷)閉校した江平中学校

今年長崎市内の教育界での大きなニュースと言えば江平中閉校でした。その場所が今回紹介するカズラノ谷です。

052.jpg

写真は昭和36年に開校し今年閉校した江平中学校、傾斜地を造成したのか周辺に比べ広く大きな校舎が印象的です。もちろん今後も充分使えそうですが、何と言っても見晴らしのよさが羨ましく思えました。

きっと場所によっては長崎の美しい街並みを見ながら学校生活をおくることができたのではないでしょうか、私だったら景色ばかり見とれて勉強などもっと身が入らなかったことと思います。長崎市内は、こんな高台のいい場所に学校がある場所が意外とありますが、残念ながら私の学校生活とは無縁でした(涙)、稲佐山を見ながら授業を受けるなんていいなぁと思います。夜景だってよさげです♪、中学部活時にでも練習試合でもあえばエビ中を体験できたのに残念です。

少子化の影響とはいえ、小学校ではなく規模が大きくなる市内の中学校の閉校には少なからず驚きましたが、最後の卒業生が14人しかいない現実にも校舎が大きいので驚きました。

そんな江平中学校のある場所の大部分がかっては、浦上山里村里郷のカヅラノ谷でした。小字地名ですので伊能大図には掲載されていないのは当然ですが特に名勝のあるような地区でもないので長崎名勝図絵にも記載がない地名です。

さてカヅラノ谷の地名の由来を考えたいと思います。中学校自体は台地になっていますが、その後背地も小字のカヅラノ谷です。恐らく、植物の蔓草などのある谷だったことが地名の由来と考えられます。

052-1.jpg

上記写真は2010年に撮影された浦上山里村里郷 カヅラノ谷(長崎市浜平町附近)周辺の空中写真です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。

以前紹介した長崎バス江平中学校バス停(赤波毛)の隣にある小字がカヅラの谷になります。

今日は旧江平中学校のあるカヅラノ谷のおはなしでした。

この記事へのコメント