八幡城(西浦上村西郷 八幡城)八幡城はいづこに。。

八幡城、小字地名とは言え、長崎市内らしからぬご立派な地名、そんな城ありましたっけ?

056.jpg

写真は長崎バス大橋営業所越しにみた小字地名の八幡城附近(営業所越しに見える小高い丘)、八幡城といえば、私の場合は城好きなので美濃の郡上八幡城や近江の近江八幡城が思い出されます。特に安土城近くにある近江八幡城は琵琶湖にも近く、行ってみたい城跡です。

そんな全国的にも名の知れた八幡城と同じ地名が市内の私が育った西浦上地区にあるとは意外でした。とはいえこの小字のある八幡城の場所には残念ながら城があったことを示す記録や遺構は現在のところまだ見つかっていません。

ただ写真を見た感じですと中世期にちょっとした山城や砦、館などがあってもおかしくない場所にあります。なんて言っても小高い独立丘ですので周りの視界もいいことや、南東側は浦上川という天然の大きな堀がありますので立地的には充分な場所に思えます。ただここに館や城を構えるほどの土豪がいたのかが一番の問題でしょう。

さて八幡城の地名の由来を考えたいと思います。前に申し上げた通り、この八幡城の場所には文献や言い伝え、遺構もなく、そのような城があったのかは不明ですがお隣には、城山と呼ばれ、護国神社付近にあったと言われる志賀氏の城跡があります。豊後の大友氏ゆかりの志賀氏は江戸期は庄屋として名を馳せたことで知られています。その志賀氏の城が別名として八幡城と呼ばれたのかもしれません、実際に城山には八幡神社が現存します。

その別名八幡城と呼ばれた城ですが、もしかしたら時期によっては護国神社側でなく小字地名の八幡城にあったのかもしれませんし、あるいはその八幡城を守る出城として小さな砦程度のものがあったのかもしれません。火のないところに煙はたたぬと申しますのでなんらかの事情でこちらの小丘が八幡城になっていると考えたいところです。ただし文献や遺構が分からないので真偽は不明です。

056-1.jpg

上記写真は2010年に撮影された西浦上村西郷 八幡城(長崎市江里町附近)の空中写真です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。ヤマダ電機の後背地にある独立丘が八幡城です。南東側には浦上川が流れます。近くには志賀氏の城跡がある護国神社があります。

今日は西浦上村にあった八幡城のおはなしでした。

この記事へのコメント

  • ちび太郎

    宅地化が進む街の中でこんもりと木々が茂っている場所がありますね。
    訪れてみると由緒ある神社があったり、山城の跡だったりして新しい発見があります。
    コロナ禍で県外への遠出ができない分、近場の街歩きを楽しんでいます。
    本日も大変興味深いお話、ありがとうございました。
    2021年12月03日 16:15
  • サルル

    ちび太郎さん
    こんにちは、コロナもあり本当に一旦は収束した今でも遠出することはなくなりましたね。近場を歩くという意味では長崎はとても魅力的ですね。小さな神社なんてとても好きです。離れるとそのことがよく分かります。こっちではスーパーしか行きません(笑)
    長崎は坂もありますが海岸線も長いので歩くには健康にもいいし、羨ましいです。また帰省したら歩きたいです。
    2021年12月04日 11:27