竈焼(浦上山里村寺野郷 竈焼)皿焼のお隣地名

竈焼(かめやき)の地名があるのは皿焼のお隣なので昔は甕でも焼いていたことを臭わせます。

03.jpg

長崎バスの後ろの住宅の後背地が竈焼地区です。バス停はありませんが、地名の痕跡として「かめ焼公園」があるのは地名好きとしては嬉しい配慮です。ちなみに西城山小学校も小字地名の竈焼地区内にあります。戦前だったらあるいは竈焼小学校だった可能性もあったと思いますが、西城山小学校は戦後の昭和30年代に人口増加のため城山小を分割する形で誕生したので西城山の名を冠したのかもしれません。

もし竈焼小で陶芸クラブなんて学校内にあれば地域の歴史文化の伝承という意味においては有意義だったと思いますが所詮私の妄想に過ぎません。

皿焼地区同様に竈焼へは長崎バスの下大橋~ダイヤランド線の西城山経由のバスが近くを通りますが、特に見所のある地域ではありません。

竈焼の地名ですが、伊能忠敬の測量日記や長崎名勝図絵にも記載がない地名ですが、隣接する皿焼地名同様に、甕などを焼く庶民向けの陶芸の里だった時期があったことが地名の由来になったと考えられます。

今日は竈焼のおはなしでした。

後日、長崎名勝図絵には立岩紹介の部分で竈焼の記載があり、見落としておりました。訂正いたします。

この記事へのコメント