浦(崎戸村本郷 浦)崎戸ブルーの崎戸浦

コロナ渦で市外に出ることも自粛しているので海を1年以上見ていません。そんなときどうせ見るならこの崎戸のような透き通った海を見たくなります。今日はそんな崎戸の地名から

09.jpg

天気が良ければ崎戸ブルーと呼ばれる透き通った美しい海が見られる崎戸島の浦、さいかい交通の崎戸本郷バス停が最寄りです。

09-1.jpg

同じく、浦地区には宿もあり、美味しそうな刺身がたっぷり味わえそうで泊まってみたいものです。現在も崎戸浦は漁港として機能しています。

早速ですが小字地名の「浦」について考えたいと思います。伊能大図や測量日記に記載はありませんが測量日記には崎戸島の記述内に舟をつけるに良き小湊といった内容の崎戸浦に関する記述があります。
また大村郷村記には崎戸浦として深さや広さの記述や大船も十艘ほど繋ぐことが可能なこと番所や荘屋、漁家など百二十軒餘あることなど詳しく記述されています。(こちらは恐らく小字地名の浦だけでなく小字地名の浦なども含まれいてると考えられます)

浦の由来ですが、まさに島の主だった入江であり、島もそこを玄関口として発展したからでしょう。戦国期は大村藩に属する小佐々氏が支配していた崎戸島、後背地には本郷城がありました。大きい島ではないので単純な浦で充分通じたことでしょう。ちなみに香焼島にも本村隣に小字地名の浦がありますし、崎戸島の隣にある蛎浦島にも小字地名の浦が存在します。

09-2.jpg

上記写真は1975年に撮影された崎戸村本郷 浦(西海市崎戸町)附近の空中写真です。崎戸島の主要な入江が小字地名の浦であることが空中写真からも伺えます。また小佐々氏の本拠本郷城のすぐ近くに崎戸浦が広がっていたことも分かります。

今日は崎戸島の浦(崎戸浦)のおはなしでした。

この記事へのコメント