治右エ門峠(長浦村戸根原郷 治右エ門峠)琴海中央公園近くの小峠

今日は長浦の戸根原地区にある小字地名のおはなしです。

0618.jpg

写真は治右エ門峠から見た内海、周辺は傾斜地を利用した果樹園が広がり長崎らしい風景を醸し出しています。最寄りは長崎バスの自証寺前バス停から海側に向かった場所になります。(バス停からは割と離れています。)

0618-2.jpg

写真のように治右エ門峠の頂上付近には土井ノ浦公民館があります。

小字地名「治右エ門峠」の地名について考えたいと思います。小字地名ですので伊能大図や測量日記に記載はなく、(大村)郷村記長浦村にも該当地名の記載は見当たりません。

地名の由来ですが峠はもちろんそのまま峠で現在も小さな峠になっています。ちなみに長浦からこの峠を越え海を目指せばパサージュ琴海着きます。
治右エ門ですが、地元の方であることは間違いないと思いますが残念ながら分かりません、峠を切り開いた人、単に住んでいた、事件に巻き込まれたなどいろいろな状況が推察できますが不明なことがいい名前だけに残念です。治右エ門に何か因んだ峠であることは間違いないでしょう。

0618-3.jpg

上記写真は2010年に撮影された長浦村戸根原郷 治右エ門峠(長崎市戸根原町附近)の空中写真です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。内海に面した場所にある峠です。

今日は長浦の戸根原にある小字地名のおはなしです。

この記事へのコメント