沖ノ田(長浦村形上郷 沖ノ田)形上にある埋立地

今日は内海の形上にある小字地名のおはなしです。

0737.jpg

写真は稲刈り季節の沖ノ田、四戸ノ川河口部にあり形上湾沿いにある小字地名です。のどかな田園風景が現在もみられる地域です。
長崎バス内海線沿線で形上バス停が最寄です。

形上郷にある小字地名「沖ノ田」の地名について考えたいと思います。
小字地名ですので伊能大図や測量日記には記載のない地名です。また(大村)郷村記形上村にも記載のない地名です。
地名の由来ですが、海岸線の空中写真を見ても海岸部は明らかに埋立で新田を開いた地であることが分かります。
恐らく埋立前に沖であった地に切り開いた田んぼであることが沖ノ田の由来と考えられます。

0738-2.jpg

上記写真は1975年に撮影された長浦村形上郷 沖ノ田(長崎市琴海形上町)周辺の空中写真です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。海岸線を見ると直線的で新田開発のため埋立られたことが分かります。

今日は形上郷にある沖ノ田のおはなしでした。

この記事へのコメント