赤波毛(浦上山里村里郷 赤波毛)8番系統赤波毛経由下大橋行き

赤ひげといえば黒澤映画を思い出しますが今日は長崎市内にある「あかはげ」地名について。。 場所は長崎市内の江平地区、写真は長崎バスの8番系統の江平線の終着点、江平中学校(現在の江平高部)バス停です。(ボケ写真で申し訳ございません)この終点バス停付近が小字地名の赤波毛になります。長崎らしい急傾斜地に張り付くように住宅が連なっています。 江平線はその長崎らしい狭い坂道を登り、これ以…

続きを読む

岡(浦上山里村中野郷 岡)長崎電気軌道大橋車庫

長崎市の岡、あれどこやろうか?と思う市民もいるかもしれませんが、大橋んとこと言えば分かるでしょう。今日は岡について。。 岡といえば、大橋電停や大橋バス停のある場所です。写真の大橋電停も路面電車が頻繁にやってきます。写真の電車は車内の水戸岡デザインが素敵な「みなと」、これに乗れると当たりのような気がします。最低運賃で乗れる、ある意味貴重な水戸岡デザイン車両かもしれません。 さて…

続きを読む

家野(浦上山里村家野郷) 三菱兵器大橋工場跡

現在長崎大学のある場所は昭和17年から稼働を始めた三菱重工業長崎兵器製作所大橋工場のあった場所です。爆心地に近いこともあり動員された学徒を含む多くの犠牲者がでた悲しい歴史を持つ場所でもあります。今日は大橋工場のあった浦上山里村家野郷のおはなしです。 現在の大橋工場跡(長崎大学)、遠くに稲佐山も見えます。地名の浦上山里村家野(いえの)郷ですがお隣の西浦上村にも家野(よの)郷があるので…

続きを読む

阿蘇(浦上山里村家野郷 阿蘇) 消えた?長崎市の阿蘇大明神

阿蘇と言えばやはり阿蘇山ですが私の生まれ育った西浦上地区近くに阿蘇地名があったと考えると、阿蘇山など長崎ロイヤルスカイツリーでもない限り見ることは不能ですので阿蘇神社でもあったのでは頭によぎりました、そこから今日のお話が始まります。 写真は教会管理下の阿蘇墓地、長崎というか浦上地区らしく十字架の墓が沢山あります。もちろん仏教系の墓も普通にあります。宗教の隔てなく仲良く寄り添うのがや…

続きを読む

花見坂(浦上山里村里郷 花見坂) 坂の街、長崎にある忘れられた坂

長崎市は坂の街、私も長崎にいたころはいつも坂の上り下りが日常でした。今回は市内の方も恐らく殆ど知らない忘れられた坂のおはなしです。 坂の名は花見坂と長崎という地を考えれば、有名人歌手の歌に使われてもいいようないい地名です。一歩間違っていればオランダ坂ほどではないにしろ小字にもある坂でしたので市民には知られた坂だった可能性は高かったかもしれません。場所は残念ながら推定ですが坂本外国人…

続きを読む

長与道(浦上山里村中野郷 長与道) 永井隆先生ゆかりの如己堂

前の朝ドラ「エール」でも紹介された永井隆先生とその戦後の住まい「如己堂」のある場所が今日紹介する浦上山里村中野郷にある長与道になります。 如己堂はいつみてもその小ささや狭さに、現代感覚の私は驚いてしまいます。永井先生の本を読むと家族3人で戦後の如己堂での生活がしばしば出てきます。また著作にもたびたび出てくる地名がこの浦上山里村中野郷 長与道です。 ちなみに永井先生は松江市生ま…

続きを読む

簗(浦上山里村中野郷) シロウオ漁盛んな簗ん川

3月6日の長崎新聞に県北の佐々川のシロウオ漁の記事が写真付きで掲載されていました。春の訪れを感じさせるシロウオ漁といえば、思い出すのは浦上川、古写真や長崎名勝図絵の「浦上村白魚簗」を思い出します。 場所は、写真でだいたい分かると思いますが大橋球場から市民プールあたりに沿った浦上川沿いです。ちょうど浦上川が大きく緩やかに曲がっている場所です。今では河川改修され随分昔と趣が違いますが原…

続きを読む

弥治兵衛開(浦上山里村里郷 弥治兵衛開) 浦上新田功労者?

今では浜口町と呼ばれる一角に昔は弥治兵衛開というなんともお洒落な地名がありました。 恐らく浦上新田開発前は長崎港の最奥部でしたので海が広がっていたことでしょう。 場所は浜口町のバス停付近一帯、長崎市内から平地が続きますが国道で住吉方面へ向かうと浜口町から松山へと向かうカーブから急に緩やかな坂になるので坂の部分の入り口が浜になっていて、浜口から浦上駅方面の平地は海だったことが長崎に…

続きを読む

タラタラ(浦上山里村馬込郷 タラタラ) 浜平町にあったお洒落なカタカナ地名

カタカナ地名、北海道のようにアイヌ語に由来した地名の多い場所には今でもクトネベツ、ルエラン、ルークシュポールなどのカタカナ地名が普通に見られますが長崎市にはあまりありません。あってもエミネント葉山やダイヤランドなど外来語が由来で正直言って全く魅力のない地名です。ダイヤランドなど最初に聞いた時には、いつのまにそんな遊園地ができたのだろうと思ったぐらいです(汗) そんな長崎市にもかっては外来語…

続きを読む

鼻毛(浦上山里村馬込郷 鼻毛) 長崎市にもあった珍地名の鼻毛

「わいどこに住んどっと?」 「そいがさぁ~鼻毛さぁ~♪」「うわぁ~よかとこやね~、おいも住みたかばい」とは現代人の感覚ではたとえいい場所でもなかなかならないであろうハードルの高い地名が鼻毛である♪そんなお洒落な会話が成り立ちそうな珍地名が長崎市の小字に昔はありました。それが今日紹介する鼻毛です♪ 写真は、鍋冠山から見た金毘羅山方向です、鼻毛の地名のあった場所は市民の憩いの山、金毘羅…

続きを読む