傾斜地に多い平(ひら) 茂木村千々名 平

今日は大好きな千々から小さな地名の平(ひら)について紹介したいと思います。長崎市って~平のつく地名が多くあります。ちょっと思いつくものでは浪の平、江平、川平、矢の平、高平と言ったところでしょうか。今日はそんな平の代表格?千々にある平です。 写真の奥の傾斜地にある周辺が、千々名の平地区になります。ちなみに現在では長崎市のコミュニティバスが平日だけ千々より三和方面に運行されているので千…

続きを読む

千々から見える小山 茂木村千々名 高峰

長崎半島に東海岸にある千々地区、周りを山に囲まれた小さい集落ですが海に山にとても景色がいいので個人的には茂木地区にある宮摺、飯香の浦と同様に大好きな場所です。今日は千々にある可愛い小山の地名です。 こちらは、まもなく終点に到着の長崎バス千々行きとバックには今回紹介する実に可愛らしい小山が写っています。北海道のアイヌ語地名でいえば、モイワとかタプコプとでも呼びたくなるような山容です。…

続きを読む

飯香の浦にあるミニ自然水族館 茂木村飯香浦名 蔭平

コロナ渦の影響で大幅減便になった長崎バスの飯香の浦線、不要不急の外出自粛中の私にはとても遠い場所となっています(涙)、今日はその飯香の浦にある小さな地名のお話です。 大幅減便となり、折り返しのバスも割合すぐですので、乗りつぶしの方にはいいかもしれませんが、私のように少しは飯香の浦タイムを満喫したい人間には悲しいダイヤになっていますが、前向きに考えればもっと飯香の浦をゆっくり満喫でき…

続きを読む

飯香浦のお隣、片峰行きを覚えていますか?

長崎バスでも人気のある飯香の浦線、その終点のお隣にあるのが片峰地区です。 たぶん40年以上前ぐらいには時津方面から北浦方向へ行く路線の終点がこの片峰でした。 本数など片手に余るほどで数本しかなかったと思います。北浦までは釣りで父と行くことがありましたがそこから先は私にとっては未開の地、なんせ片峰や飯香浦へ初めて行ったのも実は成人後です。もちろん18禁の地と思っていたわけではありま…

続きを読む

五両と五両で十両? 茂木村田手原名重篭

長崎バスの飯香の浦行きに乗り、甑岩に上る手前に田手原町重篭(じゅうろう)というなかなか気になる地名があります。 写真で見ると分かりますが山々に囲まれた場所にあります。 とりあえずこの写真にも小さく飯香の浦行きの長崎バスが写ってます(笑) さて重篭ですが昔は朝に重篭発のバスもあったようです。(重篭行きはなし) さてこの重篭の地名ですが海岸部の地名ではないため、伊能忠…

続きを読む

茂木鉄道、夢の跡 堀切 

今回は夢の茂木鉄道跡のお話。。 もちろん長崎市の茂木の話で栃木県にある真岡鉄道の終点茂木(もてぎ)駅ではありません。 この写真がなんとなくその夢の鉄道跡を偲ばせてくれます。 ここが今回紹介する茂木にある堀切です。 鉄道が通ることはありませんでしたが、現在は長崎バスの松崎経由北浦行きが通ります。 なんとなく昔から雰囲気があるので気になっていた場所ですし、小学校の頃も北浦に…

続きを読む

茂木の定点 片町

前回に続き今回も明治時代に外国人保養地としてもにぎわった茂木地区 そのホテルのあった場所(Sマート)が片町バス停があります。 前回紹介した茂木恵比須崎のすぐ手前にある場所です。ここ私が気に入った定点になってます。 なんか茂木らしい昔の風情を感じさせる風景が広がっています。 写真のように若菜川が流れています。また奥に瀟洒な酒屋さん、そしてその手前の樹木がなんかいいなぁ~なんて気…

続きを読む

初代長崎代官別邸跡 茂木の恵比須崎 

昨日の秀吉さまの続きではありませんがイエズス会領になっていた文禄時代茂木について。 秀吉が教会領を召し上げ、この茂木も秀吉政権の直轄領になりました。 その初代長崎代官に村山等安が任命されましたが、その等安の別邸があった場所が現在の長崎バス片町バス停付近にあるSマートさんと茂木郵便局付近と言われています。現在は埋め立てなどにより地形が変化していますが当時は風景的に目の前に島原半島や…

続きを読む

念仏講まんじゅうのある集落 山川河内

今日は念仏講まんじゅうの習慣が残る集落、市内太田尾町にある山川河内(さんぜんごうち)地区 長崎バスの飯香の浦線の途中にある山間の地名です。 太田尾町は対岸に千々和湾越しに天気が良ければ雲仙が見える風光明媚な町です。 長崎バスの飯香の浦線はある程度のバス好きなら全国的にも知られる楽しい路線です。 その路線の途中、甑岩を過ぎ飯香の浦をちと見ながら下る途中にバス停があります。集落自…

続きを読む

長崎南商業跡 座頭浜

今回は長崎南商業高校のあった座頭浜の紹介です。 場所は茂木の北浦町にあります。ちなみに南商業は昭和52年開校、少子化の影響もあり平成20年3月に閉校になり短命に終わっています。 上記写真は座頭浜からみた赤崎鼻方向になります。 現在、南商校舎は残念ながら再利用されず取り壊され民間会社の施設になっています。 バス停名も閉校により南商業から座頭浜に変更になっています。路線バスは最近…

続きを読む