片町(茂木村本郷 片町) 茂木の定点

前回に続き今回も明治時代に外国人保養地としてもにぎわった茂木地区 そのホテルのあった場所(Sマート)が片町バス停があります。 前回紹介した茂木恵比須崎のすぐ手前にある場所です。ここ私が気に入った定点になってます。 なんか茂木らしい昔の風情を感じさせる風景が広がっています。 写真のように若菜川が流れています。また奥に瀟洒な酒屋さん、そしてその手前の樹木がなんかいいなぁ~なんて気…

続きを読む

恵比須崎(茂木村本郷 恵比須崎) 初代長崎代官別邸跡

昨日の秀吉さまの続きではありませんがイエズス会領になっていた文禄時代茂木について。 秀吉が教会領を召し上げ、この茂木も秀吉政権の直轄領になりました。 その初代長崎代官に村山等安が任命されましたが、その等安の別邸があった場所が現在の長崎バス片町バス停付近にあるSマートさんと茂木郵便局付近と言われています。現在は埋め立てなどにより地形が変化していますが当時は風景的に目の前に島原半島や…

続きを読む

山川河内(茂木村太田尾名 山川河内)念仏講まんじゅうのある集落

今日は念仏講まんじゅうの習慣が残る集落、市内太田尾町にある山川河内(さんぜんごうち)地区 長崎バスの飯香の浦線の途中にある山間の地名です。 太田尾町は対岸に千々和湾越しに天気が良ければ雲仙が見える風光明媚な町です。 長崎バスの飯香の浦線はある程度のバス好きなら全国的にも知られる楽しい路線です。 その路線の途中、甑岩を過ぎ飯香の浦をちと見ながら下る途中にバス停があります。集落自…

続きを読む

座頭浜(茂木村北浦名) 長崎南商業跡

今回は長崎南商業高校のあった座頭浜の紹介です。 場所は茂木の北浦町にあります。ちなみに南商業は昭和52年開校、少子化の影響もあり平成20年3月に閉校になり短命に終わっています。 上記写真は座頭浜からみた赤崎鼻方向になります。 現在、南商校舎は残念ながら再利用されず取り壊され民間会社の施設になっています。 バス停名も閉校により南商業から座頭浜に変更になっています。路線バスは最近…

続きを読む

枇杷ヶ崎(茂木村飯香浦名) 飯香の浦にある秘密の岬

今回は長崎の秘境とまではいいませんがちょっといい岬のご紹介 場所は長崎市内で地元か一部の釣り人さんぐらいしかしらない岬です。 名前は枇杷崎。 ん~~実に長崎らしい地名です♪ 上記写真でもわかると思いますが後ろは絶壁の断崖、その前に大立石が寄り掛かった岬で今風に言えばインスタ映えする場所かもしれません。 でもそんな簡単に行ける場所ではありません。 そこがこの枇杷崎の…

続きを読む

大崎(茂木村大崎名)茂木ビワの産地

長崎市の千々石湾に面した茂木地区にある大崎町を紹介したいと思います。 長崎市内からですと長崎バスの千々線で40分ほどかかります。 バスは2時間に1本ほどあります。 茂木ビワで有名なビワの産地です。 上記写真でもわかると思いますが長崎らしい急傾斜地に集落が密集しています。 海岸線まで降りるのに10分ほどかかります。 小さい道があっちこっちにあり、ちょっと迷いなが…

続きを読む

田手原 (茂木村田手原名)

長崎市にある彦山の南麓に田手原という集落があります。 江戸時代の文献では民家十数戸あったようです。 明治時代には茂木村に属していました。 写真ではちょっとした平地もある麓の集落といった感じもありますが 長崎の街中からはかなり登っています。 長崎バスでも人気のある飯香の浦線の途中にありますがバスで 行けば標高の高さも実感できると思います。 その田手原の地名ですが田…

続きを読む