黒瀬(伊王島村 黒瀬)沖之島の沖合にある小島

今日は沖之島の沖合にある小島(岩礁)のおはなしです。 写真は海上から見た黒瀬、灯標のお陰でひょっこりひょうたん島のような可愛らしい小島(岩礁)です。場所は沖之島と香焼島の間にある大中瀬戸の入口付近の沖之島寄りにあります。 沖之島より見た黒瀬、遠くに野母半島の権現崎が見えています。西彼大島が以前黒瀬村を名乗っていたように割合海上にある岩礁(瀬)に黒瀬の名がついたものが長…

続きを読む

観音崎(伊王島村 観音崎)謎の観音崎台場

今日は伊王島のお隣にある沖之島の岬のおはなしです。 写真の長崎バス後方に写る伊王島大橋の袂(沖之島側)にある岬が観音崎になります。 こちらも伊王島大橋と長崎バス、橋の袂に小さな観音崎が見えます。後方の島は伊王島になり手前の島が観音崎のある沖之島です。この観音崎にはフェートン号事件をきっかけに1809年に佐賀藩が伊王島に築いた5台場(沖之島観音崎、伊王島真鼻、中ノ田、干…

続きを読む

中ノ田(伊王島村 中ノ田)佐賀藩築造の伊王島中ノ田台場

伊王島北部にある中ノ田は佐賀藩が築いた伊王島台場の1つ。今日は中ノ田についてのお話です。 伊王島の小島方向から見た中ノ田方面、岬に見える上に中ノ田在台場、その下の浜に中ノ田台場が佐賀藩の絵図を見ると確認できます。 フェートン号事件をきっかけに1809年に佐賀藩が伊王島に築いた5台場(沖之島観音崎、伊王島真鼻、中ノ田、干場、円通庵下)のひとつです。在台場を作った後に浜にも台場を増設…

続きを読む

姥瀬(伊王島村 姥瀬)埋立で消えた岩礁

伊王島小中学校付近は昭和の時代に伊王島炭鉱のボタで埋立てられた場所です。以前は海だったことが小字地名をから見える姥瀬についてのおはなしです。 写真は伊王島小中学校の小学校校舎、今も小中学校で20人台の児童生徒が通っている現役の島の学校です。ちなみに伊王島へは市内から長崎バスもありますが大波止からの高島航路のほうが便利です。またリゾート利用の場合は駅から予約制の無料バスが出ています。…

続きを読む

網ノ浦(伊王島村 網ノ浦)伊王島海水浴場

以前は長崎の海水浴場といえば、高浜や宮摺、白浜でしたが今は伊王島かもしれません。今日は伊王島海水浴場に生まれ変わった網ノ浦のおはなしです。 写真は高台から見た網ノ浦、現在は美しい砂浜のある伊王島海水浴場になっています。運がいいと五島航路やクルージング船を見ることができます。夏はいったことがありませんが人の少ない時期の網ノ浦はいい風景です♪ 夏にはこの近くまで市内から海…

続きを読む

千崎(伊王島村 千崎)今は伊王島の玄関口

伊王島町というと島に渡っても知識がなければひとつの島と勘違いするほどお隣の沖之島と隣接していますが今日は伊王島の玄関口にある岬のお話です。 写真の橋の向こうに見える左側の緑が千崎になります。現在は埋立てが進み岬の形状は残念ながら失われ面影だけを残しています。橋の下は川ではなく、伊王島(奥)と沖之島(手前)を結ぶ小中瀬戸になります。昔は唐船もここを通っていたようです。 …

続きを読む

西ノ浦(伊王島村 西ノ浦)

今日は長崎港の先にある伊王島の地名から 写真は西ノ浦、場所は伊王島港の逆側(西側)にあります。沖之島と伊王島の間にある瀬戸に小さな北側をくり抜いたような形状の港です。小さいことを除けば漁港としては充分な条件を備えているような場所です。ちなみに西ノ浦より伊王島岬側には千畳敷があります。伊能大図には記載はありませんが測量日記には西ノ浦の記載があります。もちろん地名の由来は西側にある浦で…

続きを読む

小島(伊王島村 小島)色づく世界の小島から

今日は長崎を舞台にしたアニメ「色づく世界の明日から」の舞台にもなった伊王島にある小島について。。 簡単に言えば伊王島海水浴場にぽつんとある大岩が小島で今は見ての通り伊王島とつながっています。 伊王島海水浴場ですが、なんでも「コスタ・デル・ソル」といった意味不明な別名もあるようです(笑) コスタといえばやはりルイ・コスタでしょう♪ 昨年は海上アスレチックもお目見えしたようですが…

続きを読む

唐船江(伊王島村唐船江)伊王島の大河?

伊王島に行ったときのことバス停名に気になる名前 そう唐船江(とうせんこう) なんだかいい地名です。 中国は大河に揚子江や長江、黒竜江なんてまりますがまさにそれを連想させるような響きではありませんか。 とはいっても伊王島みたいに小さな島に大河があるわけありません(笑) 正式なバス停名はホテル唐船江前なのでホテルの名前なのかとも思いましたがちゃんと旧伊王島町の沖之島に小字として唐…

続きを読む