城ノ越(神浦村池島郷) 池島遠見番所

城ノ越といえば浦上山里村家野郷にもある地名ですが外海の池島の小字にも存在しました。今日は池島の城ノ越のおはなしです。 ブラタモリでも紹介された池島ですので第2に軍艦島として観光要素はばっちりなのですが、コロナ渦でなかなか行けないのが残念なところです。まして池島は医療体制が脆弱そのものですので私にとってはとても遠い離島に感じております。同じ長崎市というのも未だになじめませんが(笑) …

続きを読む

大蟇島・小蟇島(神浦村池島郷) 池島沖に浮かぶ兄弟島  

日本最後の炭鉱の島としてそれなりに知名度を得ている池島ですが、その沖合に親子のように寄り添う島があります。それが今回紹介する大蟇島(おおひきしま)小蟇島(こひきしま)です。 こちらの画像が池島の西側から見た大蟇島と手前左側には大蟇島に重なって見える小蟇島です。両島合わせて蟇島とも呼ばれたり沖ノ島と呼ばれることもあります。また蟇島右側の遠方には五島列島の一部が小さく写っています。 …

続きを読む

曲リ(黒崎村永田郷 曲リ) 永田浜にある天満宮神社

現在は長崎市になった旧外海町の黒崎地区には海に面した鳥居のある天満宮神社があります。今日は天満宮神社のある地名について紹介したいと思います。 写真は、天満宮神社下を走るさいかい交通の大瀬戸板の浦行きバスです。場所は永田浜バス停と黒崎バス停の中間よりやや黒崎よりあります。天満宮神社の名の通り1783年に創建された菅原道真公を祀る神社です。鳥居好きな私もここには2度ほど来たことがありま…

続きを読む

猛獅山(上長崎村本河内郷 猛獅山) 長崎民話の舞台のひとつ

子供のころ、土曜の7時と言えば長寿番組にもなった日本昔ばなしを見ることでした。それに影響されたのか小学校の頃は長崎の民話や昔話の本を買って読んでいました。その本にも出てくる舞台が今日紹介する長崎街道の日見峠近くにある猛獅山(もうしやま)です。 場所的には日見峠と御手水の中間地点より南側の山です。この民話が最後には恋仲の怨念が人間の顔をした黒牛になって山に現れるという微妙な話の展開の…

続きを読む

沖田(黒崎村永田郷 沖田) 田んぼ跡の永田湿地公園 

沖田といえば沖田艦長がどうしても頭に浮かびますが、今日は黒崎にある沖田です。 小さい地名ですので、伊能の測量日記にも出てこない地名です。(黒崎村永田は出てきます) そんな小さい地名ですが、現在は黒崎永田湿地公園として整備され、のんびり散策するには楽しい自然公園です。個人的にも特に湿原が好きなので当時はこんな場所にミニ湿原があったのか???と思ったものでしたが行って納得、田んぼ跡を…

続きを読む

猪焼川(脇岬村 猪焼川) 脇岬海水浴場

野母にある脇岬海水浴場、天気が良ければ海が本当にきれいな場所です。そんな脇岬海水浴場の最寄りバス停近くにあるのが今日の地名、猪焼川(ししやきがわ)です。地元の方以外は殆ど知っている方も少ないという地名かもしれませんが個人的に好きな地名です♪ ま~海水浴場があるので余程のことがない限り、猪焼川バス停になることはないと思いますが個人的には見てみたいバス停です♪小さい小字地名のため伊能大…

続きを読む

砥石崎(黒崎村西出津郷 砥石崎)角力灘を望む夕陽の展望台

写真で見れば分かると思いますが外海は夕陽の名所でもあります♪特に展望台の整備された砥石崎からは天気がよければ五島もよく見え、時間を気にせず長崎らしい多島海を十分に楽しむことができます。これから空気も乾燥する冬になるのでやはり空気が澄んでくるこれからの季節が天気が良ければ一番いいかもしれません。 場所は砥石崎ですが、地名まで展望台は知っていても地名まで知っている方は少ないのではないで…

続きを読む

池島(神浦村池島郷) 池島港になった鏡ヶ池

角力灘に浮かぶ石炭の島も今は静かな島に落ち着いていることでしょう。 もう閉山から20年近くが経った西彼池島です。私ももう10年ほど池島へ行ってません。 閉山が他の炭鉱に比べ遅いこともあり比較的炭鉱遺産が残っていることもあり近年さるくツアーやブラタモリでの放送もあり、それなりに賑わっているのかもしれません。写真集もありますしね(持ってます・笑) ところでこの池島、島の名の通り、島…

続きを読む

小瀬戸(浦上淵村小瀬戸郷) 神の島埋め立ての歴史

のどに小骨が刺さったような気になることが私にはあります。 それは長崎市神の島がいつ頃埋め立てられたかということです。たぶん気になる方も地元ならいるのではないでしょうか? 今日は元浦上淵村小瀬戸の地名について 瀬戸といえば狭い門、海峡に使われる地名です。まさにこの小瀬戸に関しては神の島と対岸の長崎との小さな海峡から名づけられた地名と考えられます。 伊能大図にも浦上村淵 小瀬…

続きを読む

赤首(黒崎村赤首郷) 外海の小さい岬

隠れキリシタンのふるさと外海、その一角に赤首という地名があります。 一見、血なまぐさい気がする地名でもありますが恐らく岬に名付けられた地名です。 写真は大野浜からみた赤首(岬)、先端に岩礁が見られます。またその赤首のもっと先に薄く見えるのが長崎半島で薄くですが権現山まで見えています。場所は外海の出津と大野の間にあります。長崎バス(桜の里でさいかい交通乗り換え)ですと大瀬戸行きに乗…

続きを読む