迎(面高村黒口郷 迎)黒口集落の向にある地名

今日は西海町黒口にある小字地名のおはなしです。 写真は黒口浦に面し北(天久保)側にある迎地区、長崎市のお隣の西海市西海町の黒口地区、バスで長崎市内からですと乗り換え2時間以上はかかりますが海沿いの素敵な集落が残っています。 ちなみにこの迎地区には以前は長崎バスが通っていた旧道が海沿いにありますが現在はさいかい交通になった路線バスは黒口より内陸側を走り、この迎地区を走ることはあ…

続きを読む

村(面高村黒口郷 村)黒口の中心地

今日は西海町にある小字地名のお話しです。 村にあるさいかい交通黒口バス停付近(バス車内より) 長崎市内からですと路線バスで乗り換えが2回もあるうえ、2時間以上もかかり、近年バスの削減で非常に遠くなった太田和以遠の面高周辺、昭和を感じさせる素敵な海辺の集落が広がっていました、機会があればゆっくりさんぽしてみたい集落でした。 小字地名「村」の地名について考えたいと思います。小字…

続きを読む

村(面高村本郷 村)面高の中心

今日は西彼杵半島北部西海市西海町にある小字地名のおはなしです。 面高桟橋より村方向、昔ながらのいい雰囲気の港です。現在も佐世保~大島航路の一部がこの面高港に立ち寄ります。路線バスは削減され遠い存在になっています。一応、長崎市内からですと大瀬戸板の浦で瀬戸循環線大串行きに乗るか、大串から同様に瀬戸循環線の大瀬戸樫の浦行きに乗る必要があります。 早速ですが村の地名について考えたい…

続きを読む

面高(面高村 本郷)西海にある天然の良港はかって海上の要衝

今日は西海市の北部にある私の好きな地名のおはなしです。 長崎市内からだとバスでは乗り換えや本数を考えると本当に遠くなった面高、大瀬戸板の浦で乗り換えて、3時間ぐらいかかりそうです。佐世保から大島行き航路にはこの面高港へ立ち寄る航路もあるのでこちらの方が便がいいかもしれません。 昔に比べ、面高に入るバスも随分減りました。利用者の減少や道幅が狭いので敬遠されているのかもしれません…

続きを読む

城ノ越(面高村太田和郷 城ノ越) 大多和氏の下り山城跡

城ノ越、長崎市内にも家野町や夫婦川町(城ノ古址)に同じ読みの地名がありますが今回は太田和の城ノ越について。。 これは思わず、バスの写真でしょうと突っ込みが入りそうですが(笑)、実は密やかに下り山城が写っていました(汗)、場所は城ノ越文字下付近にある海岸線の上にみえる小山が下り山城跡になります。写真は対岸の西彼大島黒瀬地区から撮っています。 この写真を自分の過去ストックから見つ…

続きを読む

館(面高村太田和郷 館) 太田和氏館跡

かっての長崎バス最長路線だった西彼大島への玄関口太田和、今日はその地にある地名から。 写真は太田和郷館付近を走る長崎バス瀬川木場線のバス(現在はさいかい交通)、画像の右側が太田和川の河口部です。長崎新地からですと当時の横瀬経由の太田和行きは長崎バスで2時間半以上かかっています。電車に乗れば博多に着いてしまうほど遠い場所です。現在は乗り換えや本数の削減で車でないと行くのにも時間がかか…

続きを読む