沿岸バスバス停 討死

ずっとステイホーム期間ですので家の飾りに沿岸バスのバス停でも欲しいと思ったとけど。。。。 すでに完売でした(涙) こんなサロベツのバス停が欲しいし、稚咲内だったらもっと最高なんて妄想してましたが試合すらできず退場とは(笑) ちなみに長崎なら、千々とか宮摺、飯香の浦、宮浦、風早が欲しいですね♪ そういえば、何が何でも五輪ファースト党の総理が500人の看護婦派遣は医療に支障な…

続きを読む

スコトンの朝♪

今日もコロナも凄い勢いですが、仕事ではストレスがたまることがありました。 まったくなんてことでしょう。。。 こういう時は忘れたい。。 6年ほど前の朝を思い出す。。 朝のスコトン(須古頓)は旭が登り気持ちがいい。。 雲丹漁の漁船を見ながら、ぼぉ~~~~~~っとただ海を見ていました。 まだ5時前ですが最北の朝は早いのです。 ちなみにスコトンは、最北の街、稚内…

続きを読む

さよなら北の駅たち

今日で長崎ではキハ200が転属しますが、わたしにとっては今日で廃駅になる北海道の駅たちが仕方がないことですが寂しさを感じています。 今日でなくなる駅は函館線の伊能駅、宗谷線の南比布駅、北比布駅、東六線駅、北剣淵駅、下士別駅、北星駅、南美深駅、紋穂内駅、豊清水駅、安牛駅、上幌延駅、徳満駅、石北本線 の北日ノ出駅、将軍山駅、東雲駅、生野駅、釧網本線 の南斜里駅と18駅もあります。 こ…

続きを読む

沿岸バス サロベツ線の廃止(涙)

長崎市内をくまなく走る長崎バスに乗っていろいろ市内や郊外をめぐるのは楽しいが、同じように北海道だと留萌管内を中心に走る沿岸バスさんに乗る旅も最高に楽しい♪ その沿岸バスさんから先日悲しいことにサロベツ線の廃止のニュースが届きました。 1日2往復、夏季は3往復と本数は多くありませんが、なんといってもサロベツ原野を走り、利尻の浮かぶ日本海の見える終点 稚咲内第2の終点がサイハテ感があ…

続きを読む

JR日高本線の思い出

先日の大地震いらい、正直、少々怯えながら生活しています。もちろん我が家でできる範囲のことはある程度できましたのであとは変な話ですが運を天に任せるしかありません。 残念ですが場所はわかりませんが、今後、先日より大きなのがきそうな気配であり要警戒中です。家に被害の出ない5弱程度の震度であることと、津波の被害のない地震であることを今は願っています。 話を変えて♪、今年の4月に大好き…

続きを読む

美しい日本人の象徴 旭川医科大学長♪

北海道といえば、最近一番ショックなのは夕張のレースイリゾートの破産だったのですが昨日のニュースはもっと私にはショッキングでした。 あの問題発言をした旭川医大学長が病院長を解任したみたいです。 問題発言をしたほうが残り、まともな方が解任? 最初は間違いなのかと思いましたが。。。。 なんだか政治の世界と同じですね。。 言い訳する姿といい。。実に美しい♪ 何と現代の美しい日…

続きを読む

祝 抜海駅1年存続♪

ん~~今年はコロナのせいで抜海に行けなかっただけにとっても朗報♪ 抜海やクトネベツの町内会に感謝です♪ コロナが収まれば、抜海村に行って浜勇知やクトネベツを堪能したいですね。 宗谷本線今回は12駅が無くなるようです。徳満駅が無くなるのは寝耳に水でしたが贅沢は申しません。 抜海が残ってくれればこんなにうれしいことはありません。 あとは伊納駅がなくなるのは意外でもありま…

続きを読む

日高線廃止と21年北のダイヤ改正

北海道もそろそろ冬の入り口付近、今日は阿寒や上士幌などでマイナスだったようです。 札幌の手稲山でも初冠雪したらしいです。さむっ。。 JR北海道から春のダイヤ見直しについてのプレリリースが出ました。 個人的にはとうとう来春正式に廃止が決まった日高線の鵡川~様似 そして、特急列車の削減や普通列車や駅の削減など悲しいことが盛りだくさんです。 もう北海道は鉄道で旅ができなくなりそうです…

続きを読む

羽幌本坑地図

秋で涼しいというか、なんかちと肌寒い季節が到来してます。 最近空中写真にはまってます。 旅行できない代わりの妄想旅行みたいなものかもしれません(笑) 画像は昭和50年代初頭の羽幌炭鉱本坑です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。 現在も炭鉱施設の遺産が残っている地域です。 昔の画像などを見ているとこの時代にタイムスリップして旅を出来たら。。。 とよく…

続きを読む

昔の留萌駅

久々にサイト用の画像を作って楽しんでます。 この留萌駅は先日サイトに載せた際には未掲載でしたが追加した画像です。 「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。 写真は昭和50年代初頭の留萌駅。 天塩炭鉱鉄道こそ無くなっていますが、羽幌線や増毛に行くルートももちろん健在で当時は石炭積み出し港の役割もあったので、今と違い相当にぎやかです。 留萌市自体も留萌線の…

続きを読む