値上げと廃止の長崎の秋 10年後の長崎バス路線は。。。

昨日で長崎新聞によると五島の黒島の定期航路(富江~黒島・週一便)が昨日で廃止、しまてつバスの島原市内線も結構廃止されています。 黒島に関してはテレビにでも出ていましたが、島民一人に関しては今後も救済されるので問題ないようですが、しまてつバスの廃止を含め、コロナ渦での交通インフラの維持がどんどん深刻化しているように思えます。 もちろん長崎だけの話ではなく、北海道でも昨日、未成線…

続きを読む

くんち無き秋 来年こそは。。。

長崎に現在は住んでいませんが越中先生の訃報を聞ききました。ご冥福をお祈りいたします。合掌 おくんちや精霊流しといえば、越中先生の名解説を何度もテレビで聞いて楽しんだことを思い出します。 くんちを公会堂やお旅所に見に行くと、それこそ何度か生越中先生の解説を聞くことができました。 そんな長崎の顔ともいうべき越中先生も天に召されたのですね。。。寂しい限りです。 今年は長崎新…

続きを読む

長崎市内のバス路線再編と貨客混載

昨日のニュースで長崎市内のバス路線再編と貨客混載などの話し合いがバス事業者や学識経験者などでつくる公共交通活性化協議会で行われ最終案が示されたようです。 写真は、乗り継ぎ拠点候補の西浦上にある住吉、路面電車やJRの駅まであるので乗り継ぎ拠点としては合格です。ただ場所は?? 簡略すれば、矢上、西浦上、土井首に乗り継ぎ拠点を設け市内直通便を減らし、県営バスと長崎バスの競合区間の本…

続きを読む

大雨大丈夫?視界不良の西九州新幹線

大雨で不通になっている佐世保線がまもなく開通する予定のようです。あれっそういえばこの区間は来年秋に開通する長崎新幹線の未開通部分でもあります。 写真は長崎駅のかもめ、一応来年の秋で終了予定です。大雨で佐世保線の大町が冠水しましたが、以前にも似たようなことがあったと思います。残念ですが温暖化による大雨で毎年被害が出るのが当たり前のようになっています。そう考えると西九州新幹線(長崎~武…

続きを読む

ヤルヤル詐欺の核なき平和の架け橋

今日は長崎の原爆の日です。 ご冥福をお祈りします(合唱) また被爆国で原発事故を起こしながら核兵器禁止条約にすら批准しない情けない国であることを忘れてはならないと思います。 そういえば先日の広島の日では総理が発言を飛ばし、日本語にすらなっていない状態でした。国会でも質問に答えない無能無責任な方なので、彼自身日本語も忘れてきているのかもしれません。 それでも彼のお陰で、…

続きを読む

坂本町のBSLの最適な場所は。。

昨日の夕方から何だか地震が多く不気味です。もうおおきいのは御免です。 そういえば瑞鶴の話をした際に坂本町の話がでましたが、長崎新聞にも最近、BSL関連で記事がありました。 BSLといえば、住民にとっては危険(迷惑)施設そのもので反対が出るのも当然です。私のあの場所につくることには大反対です。 しかし反対の声を無視して勝手に話をすすめるのは、もはや権力側の常套手段、何か詐欺師のような…

続きを読む

ビコムから9月にキハ66・67の展望DVD発売♪

たまたま今知りましたが、9月21日にビコムより展望DVD(BD)シーサイドライナー長崎~佐世保往復がでるようです♪ 凄く楽しみ、実はすでに昔出たキハ66の長崎発佐世保行きはたまに見てますが、4Kのブルーレイだともっと映像も綺麗でしょうからとても楽しみです。 何と言っても長崎駅高架化後ですし、あとはYC1系も自動放送があるのであれはあれでいいかも♪ ちなみに佐世保行きがキ…

続きを読む

ありがとうキハ66・67

長崎でいつも見られる国鉄型のキハ66・67今日が最後の日です。 長崎にいれば間違いなく乗ったり、写真ぐらい撮りに行きそうですが、みちのく在住でこのコロナ渦のため不要不急をしない私は、あまり実感もなくお疲れ様と思うだけです。 新型車両は窓は開かないし、ロングシートだらけで大村湾の車窓が見づらい。。。 コロナさへ収束してれば、と思うこといっぱいですが後進国チャバンに暮らして…

続きを読む

長崎電気軌道 140円に値上げ(涙)

長崎市民の足、路面電車の値上げの記事が先日の長崎新聞に出ていました。どうも10月の初めから140円になりそうです(涙) 好きだった長崎バスも近年の値上げで割高感を感じ、街へ出るときは路面電車を利用するほうが多くなっていたのですが、長かった100円時代があるので最近は路面電車も急に高くなった感じがします。 もちろんコロナ渦での利用低迷など他にも理由があげられ納得ですが、140円…

続きを読む

父の日に見たコロナ渦の精霊流し

今朝、久しぶりに父の夢を見ました。 父は今年の春に突然亡くなったのですが、夢では近所の人と話しているので私も話そうと思い、道を急いだのですが、なぜか道がつながっておらず、崖を少し登らないといけない状態に。。。。 あれ~と思っているうちに道は繋がったのですが、今度は父がいつのまにか私の知人に代わっていました。。。。 なんだ不思議だなぁ~と知人と話しながら実家に向かうと途中に墓場が…

続きを読む