大筧山(西浦上村家野郷 大筧山)西浦上小の向かいにある山

今日は西浦上にある山(地名)のおはなしです。 写真は浦上川より見た大筧(おおどい)山、写真左側の山になります。 別角度の浦上川から見た大筧山、西浦上小学校の奥に見える山です。西浦上小学校の旧校舎も今は取り壊されたようです。 大筧山の地名について考えたいと思います。小字地名でもなく、地形図にも標記の無い山で、伊能大図や測量日記、長崎名勝図絵にも記載がなく唯一江戸期…

続きを読む

丸内(西浦上村家野郷 丸内)家野氏の所縁の地?

今日は西浦上中前にある昭和町公園付近にあった地名のお話です。 昭和町通りより少し狭い道を入った場所にあるのが昭和町公園、ちょっとした小山の麓にあり傾斜を利用した滑り台があるのが特徴です。 別方向から見た、昭和町公園にある小山(写真右側)、このあたり西浦上村、や浦上山里村の家野郷があったことや昔、家野氏という土豪が居たことなど考えると家野氏の館や小城があったもおかしくな…

続きを読む

天竺平(西浦上村木場郷 天竺平)川平にある天竺山

今日は川平や三川、三ツ山の境にある天竺山(岳)に因んだ地名のおはなしです。 川平方面から見た天竺山、標高387メートルと稲佐山よりも標高の高い山ですが近くにある帆場岳(標高506メートル)よりは低い山です。 天竺と言えば、古より昔のインド方面を指した地名だけに気になります。 天竺平の地名について考えたいと思います。小字地名ですので伊能大図には記載のない地名です。天竺山自体の…

続きを読む

峠ノ坂(西浦上村三組川内郷 峠ノ坂)西山街道の峠にある地名

今日は長崎市内三川町にある小字地名のおはなしです。 現在の西山街道(峠の坂バス停方向)、明治の陸測図を見ると以前の西山街道と若干位置が変化しています。現在は西山台団地が形成されている影響もありそうです。 長崎バス峠の坂バス停、1,9番系統の西山台団地、本原経由の三川町行きのバスが通ります。 小字地名、峠ノ坂の地名について考えたいと思います。小字地名で山間部の地名…

続きを読む

上ノ角(西浦上村三組川内郷 上ノ角)西山街道沿いの小字地名

今日は三組川内郷(現在三川町)にある地名のおはなしです。 写真は長崎バス上ノ角バス停、現在もバス停名として残り、1番系統の三川町及び西山台団地行きのバスが走っています。明治の陸測図を見るとバス停よりやや三組川内川(三川川)上流の曲り口が上ノ角の由来になった角と思われます。 写真の道路突き当りが陸測図から上ノ角と推定されます。現在も長崎バスが突き当りを右に大きく曲がり三…

続きを読む

下揚(西浦上村滑石郷 下揚)大神宮前バス停付近の地名

今日は江戸時代滑石村だった大神宮前バス停付近の小字地名のおはなしです。 下揚付近を走る長崎バス、滑石や三重方面のバスが頻繁に走ります。横道付近は道路が拡張されましたがこの辺りからは昔と変わらず2車線になります。 大神宮近くの交差点を横尾方面へ向かう長崎バス、そういえば大神宮前バス停ですが大神宮からは結構離れていて最寄りは滑石団地内経由の大園小学校前になります。もしかし…

続きを読む

西山(西浦上村東北郷 西山)新興住宅地 住吉の杜付近の地名

今日は西浦上にある小字地名のお話です。 写真は長崎バスの終点「住吉の杜」、この附近の小字地名が西山だったようです。何もなかった山も開発のため今では住宅街となりミニバスまで走るようになっています。 小字地名「西山」の地名について考えたいと思います。小字地名ですし山手の地名ですので当然の如く伊能大図や測量日記に記載はありませんし、長崎名勝図絵や長崎古今集覧にも記載のない地名です。…

続きを読む

峯前(西浦上村東北郷 峯前)四斗切付近の小字地名

今日は西浦上地区にある小字地名です。両側を長与町に挟まれ、目の前には水源地があり言わば長崎市の飛び地のような地域になっています。 写真は長崎市(泉町)側から小字地名の峯前(みねのまえ)周辺です。奥側には一応長崎市内に在る長崎商業高校もあります。 今でこそ浦上水源地に阻まれ飛び地のような形状ですが、戦時中に完成した浦上ダム完成前は当然陸続きの場所でした。 小字地名、峯前の地名…

続きを読む

古川(西浦上村東北郷 古川)チトセピアの中を流れる川

今日は西浦上の玄関口ともいうべきチトセピア周辺の小字地名のおはなしです。 この写真の周辺やチトセピア付近にあった小字地名が古川になります。昔は住吉バス停前に北消防署がありましたし、長崎バスの横のビル1階にはくさの書店、その上には電器のカホもありましたが、今はすっかり変わりましたが、公園になりこれはこれでいい雰囲気になり個人的には気に入っています。 写真はチトセピア、昔…

続きを読む

打坂(西浦上村滑石郷 打坂)旧長崎街道 打坂峠

今日は江戸中期まで長崎街道だった浦上(時津)街道、最大の峠のあった打坂のおはなしです。 近くに外語大があるので利用客が多い長崎バス打坂バス停、バスも10分に1本は運行され便利な区域です。ちなみに浦上街道は西坂より浦上を通り、最大の難所だった打坂峠を通り、時津より船で大村湾を渡り彼杵宿まで行くルートでした。日見峠よりこちらのほうが楽な気がしますがなぜ矢上経由になったのか気になるところ…

続きを読む