葉原(高浜村本村名 葉原)高浜バス停付近の小字地名

今日は長崎バス野母線にある高浜バス停付近にある小字地名のおはなしです。 写真は長崎バス高浜バス停、市内から長崎バスで1時間ほど、近くには高浜海水浴場があります。このバス停の待合所も昔からある味のある素敵な待合所です。このバス停付近にある小字地名が葉原(はばら)になります。 早速ですが葉原の地名について考えたいと思います。旧高浜村も小字地名の比較的多い地域ですので伊能大図や測量…

続きを読む

後浜(野母村 後浜)野母浦の裏手の浜

今日は長崎の南端、野母崎にある浜のおはなしです。 写真が野母にある後浜、ちょうど長崎バス野母バス停付近から南方向に開けた浜です。現在は浸食のためか護岸工事のためか砂浜はあまり見られません。長崎バスで市内から1時間ほどですが直通バスが減り、ちょっと行きにくくなったことが残念です。 こちらも長崎バスと後浜、以前は道路付近まで砂浜の広がる場所だったのかもしれません。 …

続きを読む

墓ノ(高浜村本村名 墓ノ)古里地区にある不思議な地名

今日は墓ノというなんとも中途半端に聞こえる小字地名のおはなしです。 墓ノ周辺を走る長崎バス、昔は恐らく道路付近まで海岸線だったことが推定されます。長崎バスで市内から1時間ほどの高浜にある古里地区、恐竜博物館よりちょっと手前にある海沿いの集落です。 同じく墓ノ周辺を走る長崎バス、見ての通り何もないちょっとした小山があるだけの墓ノ、周辺にはお墓も見当たりません。ちなみにお…

続きを読む

宮ノ前(高浜村本村名 宮ノ前)高浜八幡神社前

今日は長崎南部の高浜町にある小字地名のおはなしです。 写真の長崎バスが走っている附近が小字地名の宮ノ前付近になります。川向うには高浜八幡神社も小さく写っています。ちょうど神社は高浜海水浴場の裏にあり、最寄りのバス停は高浜海水浴場前になります。海上に見える島は右が高島、左側が中ノ島になります。 長崎バス高浜海水浴場前バス停、市内から1時間ほどですが日中は途中で乗り換えが…

続きを読む

新町(樺島村 新町)樺島の新しき町

新年ということもあり、今日は樺島の新町について。。 写真は樺島の古町側からみた新町 こちらも古町側の高台より見た、新町方向、樺島港の東側が新町になります。長崎バスの終点は古町側ですので新町側への乗り入れはありません。伊能大図には記載がありませんが伊能の測量日記には新町の記載があります。 新町の地名の由来について考えたいと思います。以前、古町を紹介した際と内容がダ…

続きを読む

儀長浜(樺島村 儀長浜) 埋め立てられた樺島の浜

長崎は海岸線が長いのと同じく近年、埋立が進んで海岸線が変化した場所が多いことも事実です。 今日は長崎市南部樺島の恐らく埋立で失われた浜のおはなしです。 写真は高台から見た樺島の集落、写真右手前が儀長浜付近になります。ちなみにウォーリーではありませんが小さく長崎バスも写っています。樺島バス停に停車中です。残念ながら現在の儀長浜付近はすっかり埋立られています。 儀長浜ですが、樺…

続きを読む

古町(樺島村 古町) 長崎バス南部の哀愁ある終着バス待合所

そういえば、最近長崎バスの樺島バス待合所が新しいものに変わったことを知りました。 なかなかにいい味を出していたのになぁ~なんて思いながら今日は樺島の古町について。。。 こちらが近年まであった樺島バス待合所、北海道のローカル線によくあった仮乗降場レベルの簡易待合所がとてもいい雰囲気で気に入っていました。長崎バス南部路線の終点にふさわしいシンボルに感じてましたので現役を終えられたのは…

続きを読む

投上げ(高浜村黒浜名 投上げ) 幕領と佐賀領境界にあった投上石

今は蚊焼町と黒浜町の境ですが、昔は藩境だった投上石と投上げの地名について。。 写真中央やや左寄りの海岸線に頭が白い立岩が見えます。小さすぎて申し訳ございません。(見えない場合は申し訳ございませんが心眼で見てくださいませ)ちなみに遠くに見えるのは野母の権現崎です。 私は岳路から歩きましたがサバイバル系の方はいいかもしれませんが、散歩がてらに気軽に行ける場所ではありません。波があ…

続きを読む

原(脇岬村 原)「はら」ではありません「はろう」です♪

原、一見してあまりにも普通すぎる地名ですが脇岬の一味違う原について。。 場所は野母崎の脇岬海水浴場にある一角、江戸時代に御崎道の終着点だった観音寺より海側の一角にある小字地名です。それにしても地名の読みが「はろう」とはお洒落です。これが普通に「はら」「はる」「ばる」だったら私のことですのでたぶんスルーしていたでしょうし、いくら長崎県人が多くてもこの脇岬の「原」を紹介したい人もほぼい…

続きを読む

根井路(脇岬村根井路) 山間にある音色なき風景

長崎バスで南部に向かう最長の岬木場線上にあるのが今回紹介する根井路(ねいろ)になります。 写真は根井路バス停と岬木場へ向かう長崎バス、ちなみに終点の岬木場は次のバス停になります。以前に比べ、植物園が無くなったこともあり1日4往復ほどですが今後もっと減ってもおかしくない路線です。ただこの根井路、長崎市のコミュニティバスも通っているので運が良ければここから高浜方面に抜けることができる分…

続きを読む