ナデバエ(松島村外郷 ナデバエ)松島水道にある岩礁

今日は大瀬戸松島沖にある岩礁(小島)のおはなしです。 池島航路から見たナデバエ、右側にある松島の沖(左側)に見える平たい2つの岩礁がナデバエになります。松島水道内にあり対岸には大瀬戸福島があり位置になります。池島航路からはこのナデバエを堪能できます。 こちらは昭和23年発行の陸測図より大瀬戸松島周辺の地形図、現在も含め地形図にも標記のあるナデバエです。 ナデバエ…

続きを読む

猿河(多以良村外郷 猿河)読みは「さるご」の地名

今日は大瀬戸の多以良外郷にある小字地名のおはなしです。 写真は、猿河公園、公園の読みはなぜか「さるかわ」になっています。時代とともに「さるご」から読み間違いの少ない「さるかわ」に変化していきそうな地名ではあります。 一応路線バスも通っていて最寄りは小河内バス停になりますが本数は1日1往復しかない過疎地域です。 猿河の地名について考えたいと思います。小字地名ですので伊能大…

続きを読む

唐見崎(雪浦村下釜郷 唐見崎)雪浦にある岬

今日は雪浦にある岬の唐見崎のおはなしです。読みは「からみさき」になります。 唐見崎付近を走るさいかい交通バス、奥の方が唐見崎で雪浦と樫浦の間にある岬です。岬のやや南側が展望台のある駐車場(公園)になっています。長崎市内からだと直通バスは非常に少ないですが桜の里Tで乗り換えれば1時間に1本ほどバスが運行されています。最寄りは下の釜バス停になります。 写真は岬よりやや北側…

続きを読む

咽のす(多以良村内郷 咽のす)大瀬戸の言い得て妙な瀬戸(海峡)

今日は大瀬戸のある江戸期に見られる地名のおはなしです。 さいかい交通バス車内より撮った咽のす附近、一見すると川に思えますが実は海でとても狭い瀬戸(海峡)になっています。いわば七釜浦に南串島が蓋をするような形の地形になっています。ちなみに写真の海の対岸が南串島ですが予備知識がないと島とは思えないような場所です。 元長崎バス(現さいかい交通)の路線でも3本指に入る狭隘区間(瀬戸循…

続きを読む

鼠瀬(瀬戸村板浦郷 鼠瀬) 唐船破船の西海にある鼠島

今日は大瀬戸にある小さな島(瀬)のおはなしです。 西海にぽつんとある小島の鼠瀬、ちょうど大瀬戸と松島の中間近くの海域にあるので瀬戸港から出港する池島、松島航路に乗れば近くから見ることができます。右後方に見える細長い島が崎戸で天気が良ければ上五島の島々も見えます。 こちらも連絡船から撮った鼠瀬、灯標があるのでひょっこりひょうたん島みたいに見えます。後方が鴨崎になります。…

続きを読む

栗ノ木谷(瀬戸村下山郷 栗ノ木谷)西彼半島山間部の小字地名

今日は珍しく大瀬戸(西海市)の山間部にある小字地名のおはなしです。基本的には海岸線をメインに考えております。 場所はさいかい交通の下山経由の瀬戸~大串線の下山バス停よりやや大串よりにある場所です。ほぼ山間部を走る路線ですがこの栗ノ木谷は幸いにも現在も下山集落に隣接しているため水田や人家もあります。 それにしても秋にはぴったりのいい地名ですが残念ながらバス停はありません。 …

続きを読む

角瀬(松島村内郷 角瀬)松島北部、西方海上にある小島

今日は大瀬戸松島にある小島、角瀬(つのせ)のおはなしです。 写真の海上に浮かぶ小島が角瀬になります。現在も地形図にはツノ瀬と記されています。特に特徴的な形ではありません。場所は松島発電所の裏側の西海岸にあります。 手前には写真で分かるようにトーチカらしきものがあるのですが由来は今のところ分かりません。場所的にもなぜ?と不思議な場所にあります。炭鉱の施設には見えず気になっていま…

続きを読む

夏焼(瀬戸村板浦郷 夏焼)焼畑地名か

大瀬戸もここ数年で港付近が埋立られ港側に道もでき随分イメージが変わった気がしますが、今回は旧道側にある小字地名のおはなしです。 夏焼付近を走るさいかい交通バス、最寄りのバス停は紫雲山登り口になりますが、特に行くべき場所ではありません。 夏焼の地名について考えたいと思います。小字地名ですので伊能大図や測量日記、(大村)郷村記瀬戸村にも記載のない地名です。 由来ですが恐らく焼畑…

続きを読む

らくだ岩(松島村内郷 らくだ岩)松島釜浦港に浮かぶ小島

大瀬戸樫浦の瀬戸港から連絡船で10分ほど手軽に渡れる元炭鉱の島、松島その釜浦港口にあるのがらくだ岩です。今日はらくだ岩(島)についてのおはなしです。 松島の玄関口、釜浦港の目の前にあるのがらくだ岩です。場合によってはらくだ島とも呼ばれています、松島の玄関口にあるので観光客でもすぐに分かります。観光客自体恐らく少ない島と思いますが池島同様に元炭鉱の島で太田地区にはまだ少なからず炭鉱遺…

続きを読む

幸物(雪浦村 幸物郷)深山幽谷、浪漫の終点

小さい頃から国鉄や長崎バスが好きだった私が中学校の頃、浪漫を感じた憧れの終着点、それが鉄道では名寄本線の湧別であり、バスでは今回紹介する幸物(こうぶつ)でした。 長崎バス時代の幸物バス停、味のある終点でしたが、現在はガラス張りの立派な待合室があるバス停に変わっています。運行本数ですが現在は1日1往復(時刻表にはないスクール便が他に1往復あるらしいです)、幸物を朝出て、夕方に戻るダイ…

続きを読む