尻腐(瀬戸村福島郷 尻腐)当て字が素敵な福島の地名

今日は大瀬戸樫の浦の対岸にある福島の変わった小字地名のおはなしです。 写真は池島航路より見た尻腐、ちょうど砂浜や建物が見える附近の浜が尻腐になり、現在は尻久砂里(しりくさり)海浜公園として知られ由来は、尻が腐れるほど見取れる美しい浜といったことが一応ささやかれております。 個人的には当て字から類推し最近造られた由来ではないかと思っています。 当て字の素敵な小字地名の尻腐の地…

続きを読む

鼠瀬(瀬戸村板浦郷 鼠瀬) 唐船破船の西海にある鼠島

今日は大瀬戸にある小さな島(瀬)のおはなしです。 西海にぽつんとある小島の鼠瀬、ちょうど大瀬戸と松島の中間近くの海域にあるので瀬戸港から出港する池島、松島航路に乗れば近くから見ることができます。右後方に見える細長い島が崎戸で天気が良ければ上五島の島々も見えます。 こちらも連絡船から撮った鼠瀬、灯標があるのでひょっこりひょうたん島みたいに見えます。後方が鴨崎になります。…

続きを読む

栗ノ木谷(瀬戸村下山郷 栗ノ木谷)西彼半島山間部の小字地名

今日は珍しく大瀬戸(西海市)の山間部にある小字地名のおはなしです。基本的には海岸線をメインに考えております。 場所はさいかい交通の下山経由の瀬戸~大串線の下山バス停よりやや大串よりにある場所です。ほぼ山間部を走る路線ですがこの栗ノ木谷は幸いにも現在も下山集落に隣接しているため水田や人家もあります。 それにしても秋にはぴったりのいい地名ですが残念ながらバス停はありません。 …

続きを読む

夏焼(瀬戸村板浦郷 夏焼)焼畑地名か

大瀬戸もここ数年で港付近が埋立られ港側に道もでき随分イメージが変わった気がしますが、今回は旧道側にある小字地名のおはなしです。 夏焼付近を走るさいかい交通バス、最寄りのバス停は紫雲山登り口になりますが、特に行くべき場所ではありません。 夏焼の地名について考えたいと思います。小字地名ですので伊能大図や測量日記、(大村)郷村記瀬戸村にも記載のない地名です。 由来ですが恐らく焼畑…

続きを読む

アダン(瀬戸村板浦郷 アダン)大瀬戸にある植物系地名か。。

どこに住んどっと?アダンばい。そいは外国ね?と一瞬言いたくなるような地名が大瀬戸の小字地名にあります。今日はそんなアダンについて。。 写真にはさいかい交通の瀬戸営業所が写っていますが、画像にアダン文字の右方向の麓附近が小字地名のアダンになります。流石に観光地ではないのでアダンだけを狙った写真など私の画像ストックにももちろんありません(笑) 北海道や樺太のアイヌ語地名が好きです…

続きを読む

焼島(瀬戸村福島郷 焼島)島名はお隣福島からもらいました。

今日は焼鳥ではなく、大瀬戸焼島の由来について。ちなみに大村湾にも同名島があります。 写真は大瀬戸の樫の浦からみた現在の焼島、お隣の島、福島との小瀬戸は埋立られ地続きになっています。ちなみに写真に写っている船は瀬戸と松島を結ぶ連絡船です。ちなみに瀬戸からの池島航路に乗るとこの焼島や福島、松島をゆっくり楽しむことができます♪現在は家屋や漁港もあり有人島と思われますが江戸期の途中までお隣…

続きを読む

立瀬鼻(瀬戸村福島郷 立瀬鼻) 大瀬戸福島の岬

立瀬鼻と聞いて場所がピンとくるのは地元の方以外では釣り好きか、私のような物好きぐらいかもしれません(笑) 今日は大瀬戸福島にある立瀬鼻について。。 写真は大瀬戸福島の立瀬鼻、岬と重なって見える島は天下島で手前に見える岩礁が立瀬になります。長崎ではありませんが同じ福島で暮らす身ですので大瀬戸の福島にも多少地名にも愛着を感じますが、現在は瀬戸の樫の浦地区と繋がりあまり離島を感じさせな…

続きを読む

鎌崎(瀬戸村板浦郷 鎌崎) 島なのに地名は岬?

大瀬戸板の浦の沖に島なのに島を名乗らない不思議な地名があります。それが今回紹介する鎌崎です。決して小島ではなく島の周囲も1K以上あります。無人島ですが地形図を見ても島なのに鎌崎、ちょっと不思議です。 大瀬戸板の浦方面から見た鎌崎、場所的には板の浦から北西方面を見た方向でちょうど昔の多比良村外郷との境界近くになります。画像の左側の高圧電線の鉄塔のある島が鎌崎で右側は西彼杵半島になりま…

続きを読む

樫浦(瀬戸村樫浦郷)福島との細い瀬戸

長崎は島が日本一ある県です。その一方で神の島や香焼島など埋め立てなどにより島の形を失われたものも見受けられます。 出島や新地もそうですね。今日はそのひとつ大瀬戸町福島の埋め立や瀬戸の話など♪ 写真は大瀬戸樫の浦にある瀬戸港(連絡船から見た)です。ここから池島や松島に行く船が現在も出ています。 長崎市内からだと長崎バスで1時間40分ほどですが乗りかえもあるし、近年バス代も結構高く…

続きを読む