風早(亀浦村 風早郷)大村湾に面した西彼の郷名

今日は西彼にある郷名のおはなしです。 写真は長崎バス風早線の風早バス停、現在は延長され亀浦まで2往復運行されていますが行く末が心配な区間でもあります。 波静かな風早浦、両側の丘陵に挟まれた細長い浦です。個人的にも好きな地名です、広島県の呉線には瀬戸内海沿いに風早駅があります。 写真は長崎空港行きの飛行機より撮った風早郷、左上に見える福袋崎より右手前に見え…

続きを読む

大根島(亀浦村亀浦郷 大根島)読みはおおねでダイコンにあらず。

今日は西彼亀浦にある大根(おおね)島のおはなしです。 大村湾に浮かぶ無人島の大根島、現在地形図状では畝島(うねじま)と表記されています。位置的には亀浦エビス鼻の沖合にあります。一応長崎バスの終点亀浦バス停付近の海岸線からも一応浦口に浮かぶ島を見ることができます。正確には3つの小島からなる無人島です。 早速ですが亀浦郷にある無人島、大根島の地名について考えたいと思います。 小…

続きを読む

釜ノ浦(亀浦村白似田郷 釜ノ浦)内海に面した小浦

今日は西彼の白似田郷内にある小字地名のおはなしです。 写真は小字地名の釜ノ浦から見た内海、前方には前島など小島が複数見えます。尾戸半島の付け根付近になります。長崎バス内海線、亀浦支線の元越~綿打の間にあり、長崎市と西彼町の境界近くにある小さな入江です。 小字地名である釜ノ浦の地名について考えたいと思います。 小字地名ですので伊能大図や測量日記に記載はありませんが、(大村)郷…

続きを読む

迎ノ後(亀浦村中山郷 迎ノ後)バイオパーク隣の気になる地名

今日はバイオパークから中山川を挟んで川向かいにある小字地名のおはなしです。 写真は長崎バス迎後(むかえのうしろ)バス停、長崎バス大串線から分岐する宮浦支線のバス停で1日2往復ほど走っています。長崎市内からですと駅から1時間20分ほどかかります。 こちらも迎ノ後(バス停名は迎後、小字地名は迎ノ後)附近の写真、一見何もなさげな迎ノ後ですが、実はすぐ近くにバイオパークや社員…

続きを読む

桟敷田(亀浦村風早郷 桟敷田)亀浦郷にもある桟敷田

今日は風早にある小字地名、桟敷田のおはなしです。ちなみに以前紹介したのは浦上山里村家野郷の桟敷田になり同名の小字地名になります。 写真は風早バス停付近を走る長崎バス、市内からバスで1時間半ほどかかります。本数は2往復しかないローカル路線です。バスのいる橋より奥左側が小字地名桟敷田の位置になります。 小字地名桟敷田の地名について考えたいと思います。小字地名ですので伊能大図や測量…

続きを読む

池(亀浦村風早郷 池) ずばりそこには池がある。

長崎空港へ着陸の際に運がいいと内海の風景を楽しめますが、今回は空からこそ楽しめる風早郷にある池について。。 飛行機から見た風早にある池、拡大しているのでボケ写真ですいません。 場所は風早郷、長崎バスでも1日2往復ですが亀浦行きの乗れば最寄りバス停の池河内に長崎市内から行くことが可能です。亀浦までは数度バスで行ったことがありますが、池河内バス停付近から池は見えませんので数年前ま…

続きを読む

段ノ尾(亀浦村亀浦郷 段ノ尾) 頼山陽の誌に詠まれた山

頼山陽、恥ずかしながら名前ぐらいの知識しかありません(大笑)、そんな著名人に詠まれた山がなんと亀浦にあります、それが今日紹介する段ノ尾です。 場所は長崎バス亀浦バス停のの裏手にある小山です。正式には段ノ尾岳と呼ばれ小字地名にも段ノ尾が存在します。伊能大図や測量日記にも記載がない地名ですが前述のように頼山陽の誌で「亀脊嶺」の名で詠まれています。脊嶺自体は山陽自体の当て字ですが恐らく脊…

続きを読む

亀浦(亀浦村亀浦郷) 亀浦の亀はどこに。

亀浦を知ったのは長崎バスの風早行きが亀浦行きに延長されたときでした。亀は飼っていたぐらい好きな生物なのでもちろん亀浦の地名はすぐに気に入りました。今日は亀浦のおはなしです。 こちらは、たまたま飛行機から撮った亀浦、長崎空港へ着陸前に運よく撮れました♪、運がいいと佐世保方面から大村湾を見ながら長崎空港に着陸します。上空から亀浦を見たときは、地形図を普段から眺めていることもあり、すぐに…

続きを読む

ヒギレ島(亀浦村宮浦郷 ヒギレ島) 大村湾に浮かぶ小島

今日は大村湾(内海)に浮かぶ小さな小島、ヒギレ島を紹介します。ヒギレ島といってすぐに場所が分かるのは地元の方以外では相当の島通の方ぐらいではないでしょうか。なんせ無人島ですので、でも運が良ければ船を使わずに渡ることができる大村湾に浮かぶ島でもあります。 場所は西彼町の宮浦郷の沖合にあります。長崎バスの宮浦バス停から亀浦方面に歩いて10分ほどの場所にあります。私などは亀浦から宮浦まで…

続きを読む

文殊鼻(亀浦村白似田郷 文殊鼻)内海にある文殊菩薩神社

西彼町の元越、地元でない方で知っている方は相当な通かもしれません。 内海に面した小さな入江です。 まして文殊鼻までしっていたら只者ではないでしょう(笑) 長崎市内からだと長崎バスで1時間半ほどかかります。行き先は亀浦行きになります。 昔から変わらず未だに市内から直通バスが2本あるのはある意味奇跡的かもしれません。 そんな1日2往復しかバスも通らない場所ですが、亀浦行きのバス…

続きを読む