小瀬戸(浦上淵村小瀬戸郷) 神の島埋め立ての歴史

のどに小骨が刺さったような気になることが私にはあります。
それは長崎市神の島がいつ頃埋め立てられたかということです。たぶん気になる方も地元ならいるのではないでしょうか?

200.jpg

今日は元浦上淵村小瀬戸の地名について
瀬戸といえば狭い門、海峡に使われる地名です。まさにこの小瀬戸に関しては神の島と対岸の長崎との小さな海峡から名づけられた地名と考えられます。

伊能大図にも浦上村淵 小瀬戸浦、測量日記にも淵村字小瀬戸郷の地名が見られます。それにしても浦上村は江戸期はとても広かったことが伺い知れます。浦上村全土が長崎に合併しなければ今頃は長崎市と浦上市が隣り合わせで存在した可能性だってありそうです。

さてその神の島と長崎市を挟んだ海峡(小瀬戸)がいつ頃埋められたのか。。。
市の資料には1960年代ごろとの記載があるようです。

それよりも有力なのはみさき道人さんのブログに記載(小榊の散策④)の記載です。

土地の人々の話によると「戦時中、捕虜の人々の手で神ノ島、小瀬戸両方の山を削り埋め立てた。それは昭和16,7年のことである」(小瀬戸の人の話)とか、「自分が小学5,6年生の頃(昭和11,2年ということになる)、朝鮮の人々の手によって埋め立てられた。その人達の宿舎が木鉢や小瀬戸にあった」(神ノ島の人の話)などと様々である。

みさき道人 "長崎・佐賀・天草etc.風来紀行" より転載

この記述を見る限り戦時中には少なくとも埋め立てられたことが分かります。
その点をある程度確認するためにも役立つのが国土交通省の空中写真です。

201.jpg

こちらは戦後間もないころ1948年の神の島小瀬戸付近の画像です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。
もうすでに戦後間もないころには埋め立てられている事実が一目瞭然です。まぁ~この程度なら台風や大波で流れ去る可能性はありそうですが

202.jpg

こちらは1962年の神の島小瀬戸付近の画像です。「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。
埋め立てられた処にそれほど変化はありませんが道路や橋ができています。

204.jpg

こちらは1975年昭和50年代の神の島附近画像、「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。
小瀬戸と神の島がしっかり埋め立て整地され現在の神の島工業団地の骨格ができています。鼠島はまだ埋めた手前です。

205.jpg

こちらは2010年の神の島周辺画像、「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」より引用。
10年前ですが鼠島、観音崎が完全に埋め立てられ工業団地が拡張しています。また小瀬戸の山手にはみなと坂(団地)ができています。
だんだん埋め立て住宅地の開発が進む長崎ですが人口減少率も日本トップレベル。。。
さて今後はどうなることでしょう。。

"小瀬戸(浦上淵村小瀬戸郷) 神の島埋め立ての歴史"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: