父の日に見たコロナ渦の精霊流し

今朝、久しぶりに父の夢を見ました。

父は今年の春に突然亡くなったのですが、夢では近所の人と話しているので私も話そうと思い、道を急いだのですが、なぜか道がつながっておらず、崖を少し登らないといけない状態に。。。。

あれ~と思っているうちに道は繋がったのですが、今度は父がいつのまにか私の知人に代わっていました。。。。

なんだ不思議だなぁ~と知人と話しながら実家に向かうと途中に墓場があり墓の中に精霊船もいれ、長崎らしく墓にも提灯をかかげ盛大に花火や爆竹が鳴っていました。

うるさかけん、しばらく休んで知人と眺めていました。とても綺麗でした。。。

実家に戻るとなぜか父の遺影が横たわっていました。

今日の夢 終了♪

よく考えれば今日は父の日、話はできませんでしたが父を久々に見られてよかったです。

本当は初盆ですので精霊流しに帰省するのが当然なのですが、コロナ渦ですのでもちろん帰省しません。
でも選挙のために国際大運動会祭りはやるようです。

なんだかとても不思議です。

これで電通を使った大本営並みにマスコミのご対応で与党がまた選挙に勝利すれば、間違いなくどこぞの国のように益々彼らのための私物国家になりはて、警察や検察、司法も彼らの私物になるのでしょう。

日本国民のためにそういう結果にはなってほしくはありませんが、どうなるんでしょうね。

まぁ~所詮 傍観するしかありませんが(笑)

それにしても電通自民国際大運動会の開会式2万人案?
いつのまにか倍になっております(大笑)五輪と聞くだけで吐き気がしそうです。

国民も随分とバカにされたものですね♪

あきれてこれ以上言葉もありません。

"父の日に見たコロナ渦の精霊流し"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: