清水(浦上山里村本原郷 清水)本原山手にある小字地名

今日は本原にある小字地名のお話です。 写真は小字地名清水付近を走る県営バス、県営バスエリアですし、特段用事もないためこの附近は正直あまり行ったこそすらありませんでしたが、この附近も実に長崎らしい風景で岩屋山が遠望できます。バスの後に見える白いマンションなど傾斜地を上手く利用した長崎らしさを感じます。 現在は本原経由の長崎バスも走るようになり、私もこの地区を知るきっかけ…

続きを読む

弁天平(三重村畝刈郷 弁天平)柴戸山辨財天由来の地名

今日は三重の畝刈にある小字地名のおはなしです。 写真は長崎バス弁天バス停(京泊向き)より見た辨財天のある柴戸山、高圧電線のある場所の写真右下方向の中腹に辨財天があるようです。 この周辺、私が子供の頃は長崎漁港ができる前で何もない寂しい埋立地が広がる景色で、バス停も道開の次が京泊でしたが新バス停として中間に弁天ができ、三重で釣りをする際にはここで何度か降り現在は長崎漁港のある防…

続きを読む

上ノ角(西浦上村三組川内郷 上ノ角)西山街道沿いの小字地名

今日は三組川内郷(現在三川町)にある地名のおはなしです。 写真は長崎バス上ノ角バス停、現在もバス停名として残り、1番系統の三川町及び西山台団地行きのバスが走っています。明治の陸測図を見るとバス停よりやや三組川内川(三川川)上流の曲り口が上ノ角の由来になった角と思われます。 写真の道路突き当りが陸測図から上ノ角と推定されます。現在も長崎バスが突き当りを右に大きく曲がり三…

続きを読む

咽のす(多以良村内郷 咽のす)大瀬戸の言い得て妙な瀬戸(海峡)

今日は大瀬戸のある江戸期に見られる地名のおはなしです。 さいかい交通バス車内より撮った咽のす附近、一見すると川に思えますが実は海でとても狭い瀬戸(海峡)になっています。いわば七釜浦に南串島が蓋をするような形の地形になっています。ちなみに写真の海の対岸が南串島ですが予備知識がないと島とは思えないような場所です。 元長崎バス(現さいかい交通)の路線でも3本指に入る狭隘区間(瀬戸循…

続きを読む

下揚(西浦上村滑石郷 下揚)大神宮前バス停付近の地名

今日は江戸時代滑石村だった大神宮前バス停付近の小字地名のおはなしです。 下揚付近を走る長崎バス、滑石や三重方面のバスが頻繁に走ります。横道付近は道路が拡張されましたがこの辺りからは昔と変わらず2車線になります。 大神宮近くの交差点を横尾方面へ向かう長崎バス、そういえば大神宮前バス停ですが大神宮からは結構離れていて最寄りは滑石団地内経由の大園小学校前になります。もしかし…

続きを読む

鼠瀬(瀬戸村板浦郷 鼠瀬) 唐船破船の西海にある鼠島

今日は大瀬戸にある小さな島(瀬)のおはなしです。 西海にぽつんとある小島の鼠瀬、ちょうど大瀬戸と松島の中間近くの海域にあるので瀬戸港から出港する池島、松島航路に乗れば近くから見ることができます。右後方に見える細長い島が崎戸で天気が良ければ上五島の島々も見えます。 こちらも連絡船から撮った鼠瀬、灯標があるのでひょっこりひょうたん島みたいに見えます。後方が鴨崎になります。…

続きを読む

中木場(大串村平山郷 中木場)西彼の山間部にある地名

今日は西彼杵半島山間部の西彼側にある地名のおはなしです。 写真は、さいかい交通の大串~大瀬戸線(下山経由)の木場バス停付近より見た中木場地区、周辺にある八人ヶ岳同様にこの辺りも標高が高くバスの車窓からも短時間ながら内海のパノラマ風景を楽しめます。 バス停名が名乗る通りこの辺り一般には木場地区と言われ、小字地名もこの周辺に中木場以外に下木場、上木場、冬木場と複数の木場地名がある…

続きを読む

栗ノ木谷(瀬戸村下山郷 栗ノ木谷)西彼半島山間部の小字地名

今日は珍しく大瀬戸(西海市)の山間部にある小字地名のおはなしです。基本的には海岸線をメインに考えております。 場所はさいかい交通の下山経由の瀬戸~大串線の下山バス停よりやや大串よりにある場所です。ほぼ山間部を走る路線ですがこの栗ノ木谷は幸いにも現在も下山集落に隣接しているため水田や人家もあります。 それにしても秋にはぴったりのいい地名ですが残念ながらバス停はありません。 …

続きを読む

長崎を堪能♪

お陰様で私が行った頃は感染拡大もなく、私の守備範囲内ですが長崎を堪能しました。 今回は西海エリアも結構歩くことができ楽しかったです。 (浦上のキリシタン墓地) 今週からまた地名ブログもぼちぼち再開しようと思います。 今回は最後かもと力んでいたのですが天も味方してくれたのか晴天続きで本当にありがたい長崎滞在になりました。

続きを読む

自分には今

気温も下がり、もう自分が長期で帰省できるチャンスは今だけ。。 だか行く。。(笑 あとはお天気を祈るのみ。

続きを読む